テレビ(TV)会議・WEB(ウェブ)会議・ビデオ会議システムのエイネット テレビ(TV)会議・WEB(ウェブ)会議・ビデオ会議システムFRESH VOICE
無料トライアル 資料請求

> > > 認知度が低いけれど優れもの。iPhone標準搭載アプリ、FaceTime

挿したらオフィス
ニュース&トピックス|優れもの。iphone標準搭載アプリ、Facetime。Skype LINEより便利かも!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2017年02月17日 スタッフ日誌
  • 認知度が低いけれど優れもの。iPhone標準搭載アプリ、FaceTime
  • pixta_24423484_S.jpg

    iPhoneには「FaceTime」という機能が搭載されています。気軽に使える高性能のテレビ電話機能なのですが、スマホの普及率ほどには一般に浸透していないようです。どのようなものなのか、ご紹介しましょう。

    iphoneの標準装備機能

    FaceTimeは、iPhoneが持っているビデオ通話機能です。アプリではなくデフォルトの機能なので、iPhoneユーザー同士であれば、初期設定さえすればダウンロードの必要なく、すぐに使うことができます。「設定」画面から「FaceTime」を選択、「ON」にするだけでOKです。 電話機のマークはオーディオ(音声通話)、ビデオのマークはビデオ通話で、通話時にどちらかを選んでかけることができます。割込通話機能もあり、通話中に着信があった場合には、現在の通話をいったん保留にすることもできます。これは実際に使ってみると、なかなか便利な機能です。

    iPadでも会話ができる

    FaceTimeは、iPhoneだけでなく、iPadやiPod touchでも使えます。一般的にはメールしかできないiPadでも、Wi-Fi環境があればテレビ電話は可能ということになります。

    ▼IP電話なので通話料は無料

    FaceTimeはインターネット回線を使うIP電話なので、通話料はかかりません。 ただし、Wi-Fiではなくモバイルデータ通信(LTE)を使用した場合は、通信料としてパケット代がかかります。この場合も、ビデオ通話ではなく音声通話なら、1GBで約30時間も話せます。最もコスパがよいのは現在のところSkypeですが、それに次ぐコスパを誇っているのがFaceTimeです。

    クリアな画質・音質に定評あり、同じようにビデオ通話機能を持つものとしては、LINEやSkypeがあります。しかし、ユーザーの声を聞くと、これらよりもFaceTimeのほうが音質が良いという評判が多いようです。特に、Wi-Fiでの画質・音質が非常にクリアです。

    iOSがいよいよ12へ

    OSとはコンピュータの入出力を制御しているソフトウェアのことです。 iPhoneやiPadはiOS、XperiaなどはAndroid、パソコンはウィンドウズが多くなっています。 そのiOSはいよいよバージョンが12になりました。 今回のバージョンアップではアプリの起ち上げがこれまでより倍ぐらい早くなります。 また、端末操作時間も記録され、スマホの触り過ぎをコントロールできます。 そして、Web会議がらみで新たな進展もありました。 IT関係の大企業は、シスコシステムズやマイクロソフトもWeb会議システムをリリースしています。そこでAppleもiOSにWeb会議をより使いやすいビデオチャットにするべく、改良を重ねたのです。

    日常において仕事にスマホが入り込めば入り込むほど、ビデオチャット・Web会議のニーズは高まります。 最大32人、ビデオチャットに参加でき、大規模会議のニーズも満たす予定です。 端末の利用時間を管理する方向性と、ビデオチャットの方向性が重なれば、ビジネスケータイとしてのiPhoneという姿が浮かび上がってきます。 スマホはもはやマルチメディア端末になりつつあるのです。しかし、この機能はiOS、つまりiPhoneやiPadなどのApple製品とだけやり取りできるものであり、Android OSとはやりとりすることはできません。

    FaceTimeがそうであったように、同系統の端末を持っている者同士でないと通信できないというのは少し不便です。しかしAndroidの場合もアプリなどが出てくる可能性は十分あります。楽しみに待ちましょう。 Web会議を様々な端末で使いたいのであれば、他の製品も多くリリースされていますのでそちらをどうぞ。

    LINE・Skypeとの違い

    LINEやSkypeは、iPhoneでなくてもアプリを入れれば使うことができます。一方、AppleオリジナルサービスであるFaceTimeは、iPhoneなどApple製品同士でないと使うことができません。 しかし、iPhoneの普及率を見ると、もっと活用されてもよいのではないかと感じます。お互いにiPhoneユーザーでさえあれば、FaceTimeをONにすれば、いつでもどこでもすぐにチャットが楽しめます。「LINE使えます?」「いや、やってないんですよ」というようなこともありません。

    まとめ

    LINEが一気に広まる中、やや印象が薄いFaceTime。LINEをするためにiPhoneを購入したのなら、ぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電話またはフォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ
フリーダイヤル0120-275-319

WEBからのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求はこちらから

お客様のニーズ、会議状況を把握したうえで、最適なカメラ、マイク、周辺機器をご提案。「FreshVoice」の音声・映像品質を最大限に引き出し、ストレスのないテレビ会議運用環境を構築いたします。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議のエイネット「FreshVoice(フレッシュボイス)」はその優れた品質で、9年連続市場シェアNO.1。
その製品情報を詳しくご案内いたします。コスト削減・業務の効率化からBCP対策までを実現。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議システムのエイネット「Fresh Voice(フレッシュボイス)」。
2005年~2013年にて、テレビ会議「Fresh Voice」は9年連続市場シェアNO.1。
官公庁・国立大学など導入実績は安心の4000社以上。
コスト削減・業務の効率化からBCP対策まで。さらには、CO2削減で環境にもやさしいテレビ会議。
無料お見積り・訪問デモを承りますので、お気軽にお問合せください。

このページの先頭へ


Web会議ホーム
製品一覧
メッセージ
サポート体制
導入実績
ニュース&トピックスTOP
Web会議お役立ち情報
  • WEB会議入門TOP|Web会議とは
  • Web会議とは?
  • WEB会議システムを徹底比較
  • WEB会議システムの選び方
  • 導入事例で学ぶWEB会議活用術
  • お問い合わせ
    よくある質問
    言語
  • English
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • その他
    関連サイト
    anet
    〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町3-23 スタウトビル3F TEL. 03-3862-5402

    Copyright (C) Anet, Inc. All Rights Reserved.