お電話でのお問い合わせはこちら

0120-275-319

受付時間 月曜~金曜 9:00~17:30

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-275-319

受付時間 月曜~金曜 9:00~17:30

お電話で問合わせ

> > > Web会議、有料版、Skype、LINE、Facebookメッセンジャー、どれがいいの?

挿したらオフィス
ニュース&トピックス|有料版Skype、LINE、Facebookメッセンジャーどれが良いのかわからない。こんなご質問にお答えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2017年04月21日 スタッフ日誌
  • Web会議、有料版、Skype、LINE、Facebookメッセンジャー、どれがいいの?
  • pixta_35185688_S.jpg



    いろいろある、Web会議の種類

    Web会議システムは、現在ではいろいろなシステムがリリースされ、日々バージョンアップされています。有料で販売されているもの、Skype、LINE、Facebookメッセンジャーなどなど。いったいどれがいいのでしょうか。システムごとに見ていきましょう。


    Skypeは、スパムが多い


    Skypeは、世界的に使われているサービスです。しかし、Skypeで出会いを求めている人も多く、世界中からスパムのフレンド登録が届きます。それが難点といえば最大の難点ですね。また、複数拠点接続ではP2Pの宿命か、接続が安定しませんというお声をよく聞きます。1対1などの通信は、老舗とも言える安定感がありますが、4拠点を超えた接続での安定感の薄さは否めないところがありそうです。


    ですが、世界中の人と無料でつながることができますし、有料オプションを使えば、携帯電話にかかってきたコールを転送することも可能です。電話との連携、ID数の多さから、利用障壁は低いのがメリットです。


    IDを使ってコンタクトをとる方式のため、ややリテラシーが求められます。パソコンスキルが少しないとSkypeはできないので、多くの人たちでやり取りする際、かならずパソコンがわからないという参加者もでてきますから、教えたりしていると非常に時間がかかってしまいます。


    20年以上前に作られたサービスなので、まだ20年前はパソコンと言えばインテリ層の使うものだったため、今の時代にあっていないということもあるのです。これからはパソコンがわからない人も多く利用者として参加してきますので、それに合わせたツールが求められます。


    セキュリティ面でも、多くの無料ユーザが多いことはデメリットの一つにもなります。IDの盗難、なりすましに常に警戒しながら利用しましょう。


    LINEはスマホでないと使い勝手が悪い


    LINEですが日本や韓国で積極的に使われているアプリです。スマホでないと使い勝手が悪くパソコンでも使えるのですが、Web会議として使うのであればやはりスマホです。スタンプや、メッセージ機能が豊富で、添付ファイルや動画を添付するなどの機能は十分なメッセンジャーの一頭です。


    音質画質はそれほど悪くないのですが、200人同時に通話できる機能が搭載されるなど、誰も試してみたこともない機能まで、もっともイケイケのサービスでもあります。


    Web会議としてはまだまだ発展途上のシステムで、同時200人通話可能とはいえ、デバイスに対してパーソナルであるため、今までの会議システムのように、複数人の対向で利用するのはちょっとナンセンスかと思われます。


    ビジネスシーンで使うのにはまだまだ不安があるといえるかもしれません。LINEはあくまでプライベートシーンで、大勢のメンバーで愉しむことを目的とすると良いのではないでしょか。


    Facebookメッセンジャーは、まず実名登録が必要


    Facebookのメッセンジャーでも意外にもというと怒られそうですが、LINEと同様に、Web会議を行うことは可能です。 当然、Facebookに登録している人同士でのやりとりになりますので、匿名性が若干薄れます。そしてLINEと同様にパーソナルでの利用に向いているツールなのではないでしょうか。


    スタンプの文化もあるのですが、ポリティカルコレクトネスに配慮されており、グローバルなスタンプであることがわかります。


    Facebookは”捨てID”を作りづらく、一度IDを作ったら、今度はFacebookユーザーとして利用していく必要があるため、ある程度、信頼がおけるSNSだということができます。


    知らないフレンド登録が来ても、相手の素性がある程度わかるため、仕事の募集で使われることもあります。ただ、実名登録だからといって無条件に信頼できるというわけでもなく、偽名でも登録できますし、フレンド登録が業者ばかりということもありえます。


    有料版Web会議を使うことの大きなメリット


    これまでご紹介したツールは、どれも無料で使えるものばかりでした。 しかし、Web会議には、メーカーが出している有料のシステムもあります。


    では、有料製品の魅力はどのようなものでしょうか。
    まず有料だけあって、画質は相当キレイです。カメラやマイクにこだわることもでき、高画質高音質で、Web会議を行うことができます。 クオリティに差があるのが魅力です。無料版に慣れていたらきっと驚くはずです。
    そして、有料だけあって、サポートも期待できます。品質が高くて、何かトラブルがあったときにはサポートのある有料のWeb会議システムは、ビジネスでの利用などに適しています。どうしてもシステムトラブルは起こりますよね。無料版なら誰に相談したらいいのかわからないことでしょう。しかし、有料版なら、サポートがあります。


    そしてなにより、安定性があります。しっかり保守にお金を投資しているため、途中で落ちたり、アプリがフリーズしたりということもほぼありません。


    また、セキュリティ面も優れています。無料版を使っているときはあまり気にならなかったでしょうが、開発会社がセキュリティに力を入れているので、安心です。


    さらには、有料版には、ホワイトボードの連携機能や、資料の共有機能など、非常にパワフルなサービスが付帯しています。仕事を進める上で、非常に便利です。 ビジネスで使うのであれば、有料版がおすすめなのではないでしょうか。


    もちろんWeb会議システムの利用料は経費で落ちますし、税務調査の上でも問題ありません。助成金も検討できます。 Web会議システムの無料版に物足りない思いがあるのであれば、一度有料版を検討してみてはいかがでしょうか。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電話またはフォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ
フリーダイヤル0120-275-319

WEBからのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求はこちらから

お客様のニーズ、会議状況を把握したうえで、最適なカメラ、マイク、周辺機器をご提案。「FreshVoice」の音声・映像品質を最大限に引き出し、ストレスのないテレビ会議運用環境を構築いたします。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議のエイネット「FreshVoice(フレッシュボイス)」はその優れた品質で、9年連続市場シェアNO.1。
その製品情報を詳しくご案内いたします。コスト削減・業務の効率化からBCP対策までを実現。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議システムのエイネット「Fresh Voice(フレッシュボイス)」。
2005年~2013年にて、テレビ会議「Fresh Voice」は9年連続市場シェアNO.1。
官公庁・国立大学など導入実績は安心の4000社以上。
コスト削減・業務の効率化からBCP対策まで。さらには、CO2削減で環境にもやさしいテレビ会議。
無料お見積り・訪問デモを承りますので、お気軽にお問合せください。

このページの先頭へ


Web会議ホーム
製品一覧
メッセージ
サポート体制
導入実績
ニュース&トピックスTOP
Web会議お役立ち情報
  • WEB会議入門TOP|Web会議とは
  • Web会議とは?
  • WEB会議システムを徹底比較
  • WEB会議システムの選び方
  • 導入事例で学ぶWEB会議活用術
  • 用語集
  • お問い合わせ
    よくある質問
    言語
  • English
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • その他
    関連サイト
    anet
    〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町3-23 スタウトビル3F TEL. 03-3862-5402

    Copyright (C) Anet, Inc. All Rights Reserved.