FreshVoiceの価格表はこちら

閉じるボタン
cta画像

すぐに役立つ情報を無料でお届け

徹底比較!Skypeと
Fresh Voiceの違い

資料のダウンロードはこちら

ニュース&トピックス最新ニュース&トピックス|地方自治体の災害対策向け300万円のテレビ会議パッケージ

地方自治体の災害対策向け300万円のテレビ会議パッケージ

防災意識が高まる中、災害時の一刻も早い被害状況の把握や被災者の安否確認は全国民の関心事です。

そのため、行政サービスを提供している機関を中心に、災害時、迅速な意思決定を行うための安定したコミュニケーション手段の確保が急務となっています。

高い安定性やセキュリティレベルが求められるサーバー導入型テレビ会議で圧倒的な実績を持つエイネットは、このほど、平常時と比べ、より高い信頼性が求められる災害時のビデオコミュニケーションを安価に実現することができる災害対策パッケージ製品化いたしました。

このパッケージは30拠点まで対応可能なサーバー導入型のテレビ会議と、その会議を100箇所に配信できるライブ配信システム、動画アップロード機能を合わせて、地方自治体限定で300万円(税別)という従来にはなかった低価格で提供いたします。

 想定される利用方法としては、災害時に国や都道府県、市町村庁の対策本部30拠点をつないで対策会議を行い、その映像を公民館等100箇所の地域のコミュニティにライブ配信します。また、たとえば被災地の状況を地域の人がスマートフォン等で撮影した動画をビデオサーバーにアップロードし、会議資料として活用する機能も備えています。


今回のパッケージによって、地方自治体の災害に対する備えを大幅に前進させることが可能になります。


■価格

300万円(税別)

<東日本大震災被災地向け特別価格>

240万円(税別)


■製品仕様

30拠点のテレビ会議システムFreshVoice Hybrid(フルHD対応、サーバー付属)

100拠点へのライブストリーミング配信

マルチフォーマット対応の動画アップロード

150image_ss.jpg

Think in Japan,Made by Global「日本の会議」のために、世界最高の技術によるテレビ会議システムを。

電話またはフォームよりお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ

    0120-275-319
  • WEBからのお問い合わせ

    お問い合わせ・資料請求はこちらから

お客様のニーズ、会議状況を把握したうえで、最適なカメラ、マイク、周辺機器をご提案。「FreshVoice」の音声・
映像品質を最大限に引き出し、ストレスのないテレビ会議運用環境を構築いたします。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議のエイネット「FreshVoice(フレッシュボイス)」はその優れた品質で、5年連続市場シェアNO.1。
その製品情報を詳しくご案内いたします。コスト削減・業務の効率化からBCP対策までを実現。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議システムのエイネット「Fresh Voice(フレッシュボイス)」。
2005年~2013年にて、テレビ会議「Fresh Voice」は9年連続市場シェアNO.1。
官公庁・国立大学など導入実績は安心の4000社以上。
コスト削減・業務の効率化からBCP対策まで。さらには、CO2削減で環境にもやさしいテレビ会議。
無料お見積り・訪問デモを承りますので、お気軽にお問合せください。