FreshVoiceの価格表はこちら

閉じるボタン
cta画像

すぐに役立つ情報を無料でお届け

徹底比較!Skypeと
Fresh Voiceの違い

資料のダウンロードはこちら

ニュース&トピックス最新ニュース&トピックス|事業やお店を始めるにあたってホームページを作りたい、しかし資金がない…そんな時に活用したい「IT導入補助金」

事業やお店を始めるにあたってホームページを作りたい、しかし資金がない…そんな時に活用したい「IT導入補助金」

pixta_34471594_M.jpg

これはITツール(ソフトウェア、サービス等)を導入することで生産性を向上できるよう、国がその導入費用の一部を補助してくれるという制度です。
「ITツール」というと少し敷居が高いように感じますが、ホームページを制作する場合も補助の対象となります。
場合によっては最大50万円ほど補助されます。本来であれば100万円のITツールを半額の50万で購入できるとあれば、なんとも美味しい制度ですよね。
2017年は応募が殺到し、2018年は採択件数や予算額が拡大されました。
2018年は3次公募まで受け付けており、申請が12月18日まで可能でしたので、ほぼ1年を通して申請のチャンスがあります。
補助の対象となるのは中小企業・小規模事業者等に限られます。
ですが、飲食、宿泊、医療、介護、保育や建設業など幅広い業種に適用されますし、日本のほとんどの企業が中小企業であることを考えると、ほぼすべての企業に補助金活用のチャンスがあります。
申請方法が難しそう、手続きが面倒そうだし何をすればいいのかわからない…ということであれば、商工会議所に問い合わせれば丁寧に教えてくれます。
また、IT導入補助金を使ったホームページ制作に実績のある制作会社に問依頼すれば、要領を得ているためスムーズに手続きを進めることが可能です。
近頃は全くの素人でもホームページを制作することができるようになりました。WordPressなどCMSを利用すれば、わざわざプロに依頼するまでもなくホームページを制作できると思っている方もいるようです。
ですが、費用を抑えるためにホームページを自分で制作しようとするのはお勧めしません。
やはりプロにはプロのノウハウがありますし、素人が作ったようなホームページではお客さんの信頼を勝ち取るのは難しいです。
IT補助金を利用すれば、質の高いホームページを低価格で制作することが可能となりますので、ぜひ対象となる方には活用していただきたいです。
補助金を使って、ホームページ制作をしてみませんか?
プロに任せて、ご自身は仕事に集中しましょう。
あと、検索エンジン対策も行ってもらえたら最高ですね。
補助金は、意外と国や自治体が出していますので、知らなければ損だと言えるぐらいです。気になるなら、お近くの商工会議所に聞いてみましょう。

Think in Japan,Made by Global「日本の会議」のために、世界最高の技術によるテレビ会議システムを。

電話またはフォームよりお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ

    0120-275-319
  • WEBからのお問い合わせ

    お問い合わせ・資料請求はこちらから

お客様のニーズ、会議状況を把握したうえで、最適なカメラ、マイク、周辺機器をご提案。「FreshVoice」の音声・
映像品質を最大限に引き出し、ストレスのないテレビ会議運用環境を構築いたします。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議のエイネット「FreshVoice(フレッシュボイス)」はその優れた品質で、5年連続市場シェアNO.1。
その製品情報を詳しくご案内いたします。コスト削減・業務の効率化からBCP対策までを実現。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議システムのエイネット「Fresh Voice(フレッシュボイス)」。
2005年~2013年にて、テレビ会議「Fresh Voice」は9年連続市場シェアNO.1。
官公庁・国立大学など導入実績は安心の4000社以上。
コスト削減・業務の効率化からBCP対策まで。さらには、CO2削減で環境にもやさしいテレビ会議。
無料お見積り・訪問デモを承りますので、お気軽にお問合せください。