FreshVoiceの価格表はこちら

閉じるボタン
cta画像

すぐに役立つ情報を無料でお届け

徹底比較!Skypeと
Fresh Voiceの違い

資料のダウンロードはこちら

ニュース&トピックス最新ニュース&トピックス|プログラミングが必修化?子育てとIT

プログラミングが必修化?子育てとIT

pixta_22461541_M.jpg

・学校教育でプログラミング必修化
オリンピックを迎える2020年。全国の公立小学校で必修化されるということで話題となった「パソコンによるプログラミング」。
小さい子供がパソコンのキーボードをカタカタと鳴らしプログラミングしていく様子をイメージしますが、実は「プログラミング」という科目自体は増えません。
ではどういう授業なのか?と算数や、理科、総合的な学習の時間など、既存の科目の中で「プログラミング的な思考をやしなう授業を行う」というもので、どういう教育を行うかまだ具体的には決まっておらず、教育内容も学校によって変わってくるようです。
文部科学省の意図としては、プログラミングの技術を学ぶというより、プログラミングを通して「プログラミング的思考」を育むことを目的としているように見受けられます。
・プログラミング思考ってなんでしょう。とは?
「プログラミング的な思考」とは一体なんなんでしょう。
コンピュータ(パソコンや、その他電子デバイス)にして動作して欲しいことを順番通りに指示(命令)していくのがプログラミングですが、プログラミングをしている最中は、この指示でどう処理されるか動きを頭の中でひたすらシュミレーションします。
狙い通りに動けばいいのですが、時には期待通りの動きをしてくれないこともあります。
この頭の中のシュミレーションと実際の動きの違いを認識し繰り返していくことで、次第に論理的な思考が身につくようになる…これが文部科学省の意図する「プログラミング的思考」なんですね。
「プログラミング」が必修化されるにあたり、子供をプログラミング教室に通わせた方がいいのかと心配している方もいるようです。
自分が経験したことのない授業が始まるとなると不安ですもんね、気持ちはわかります。
・増えるIT長者
2018年にアメリカの大手経済誌・フォーブスが富豪ランキング2018を発表しました。
Amazonの最高責任者であるジェフ・ベゾス最高経営責任者が初めての首位に輝きました。2位はマイクロソフトの創始者です。
ランキングを眺めていると、IT業界の長者が多いことに気づきます。
パソコンがなければできない仕事もたくさんあります。今の子供達が大人になる頃にはさらに顕著になっていくかもしれません。
「プログラミング的思考」ではなく、小学校で本格的な「プログラミング」を学ぶ時代が、今後はくるかもしれませんよね。
ITは確実に人生を変えてくれますので、学んでおいて損はまったくありません。
むしろ、収入が増え、労働時間が減り、生活を劇的に改善してくれるはずです。
そんなテクノロジーを学んでみませんか?
・プログラミングの問題点?
SNSで「子供のプログラム学習の問題がおかしい」という話題を見かけました。
「プログラム言語にはBASIC、FORTRAN、COBOLなど多くの種類がある」
と、いった問題が出されていたようで、「FORTRAN」「COBOL」の部分が穴埋めで正解として設定されていました。
「C言語」とか「Rudy」とか書いたら不正解になるのか、そもそも問題が時代に合っているのか。さまざまな議論がなされていましたね。
そこで、学校のプログラム学習でプログラム知識は身につくのか、考察してみましょう。
・穴埋め問題を解いてプログラムは身につくの?
学校のテストという性質上、致し方ないことかも知れませんが、穴埋め問題を解いてもプログラムは身につかない気がします。
穴埋め問題を解く際に必要になるのは、プログラム言語への理解度よりも暗記力です。
学校教育の英語は、実際の会話で役に立たないとはよく言います。
穴埋め問題で100点を取れた子が、すべて優秀なプログラマーになるとは限らないでしょう。
・プログラムを学習することで基礎の学力がつくのは事実
それでは、学校のプログラミング教育の必修化に反対なのか?というと、決してそのようなことはなく、むしろ私は賛成派です。
プログラム学習をしている子供は、とくに数学(算数)のテストで高得点を取れるケースが多く、ロジカルにものごとを考える癖がつきます。
プログラムを触ったことがある方は経験があるかと思いますが、プログラムで重要になるのは暗記力よりも「応用力」ではないでしょうか。
サンプルコードでバグなくプログラムが動いたら、自分なりに構文を一部変えて動いたら、命令文や文法の意味を知ることができます。
数学でも、方程式をそのまま暗記するよりも、なぜこういった方程式になっているのか?を理解した方が、基礎的な学力が身につくのは言うまでもありません。
そうした意味でも、プログラムを学習することが子供の教育に有益なのは間違いないでしょう。
・子供のプログラム学習は暗記よりもフローを理解させよう
子供のプログラム学習では、学校の暗記テストの点数を上げるよりも、なぜプログラムが動いているのか?というフローを理解させる方が重要です。
MIT(マサチューセッツ工科大学)のフリーのプログラム学習ソフト「Scratch」などを活用すれば、難しい命令文を暗記しなくてもフローを理解することができます。
また、子供にとっては、もっとも身近な先生となるのがご両親です。
プログラムを触ったことがないという親御さんも、この機会に子供さんと一緒に勉強してみてはいかがでしょうか。

Think in Japan,Made by Global「日本の会議」のために、世界最高の技術によるテレビ会議システムを。

電話またはフォームよりお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ

    0120-275-319
  • WEBからのお問い合わせ

    お問い合わせ・資料請求はこちらから

お客様のニーズ、会議状況を把握したうえで、最適なカメラ、マイク、周辺機器をご提案。「FreshVoice」の音声・
映像品質を最大限に引き出し、ストレスのないテレビ会議運用環境を構築いたします。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議のエイネット「FreshVoice(フレッシュボイス)」はその優れた品質で、5年連続市場シェアNO.1。
その製品情報を詳しくご案内いたします。コスト削減・業務の効率化からBCP対策までを実現。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議システムのエイネット「Fresh Voice(フレッシュボイス)」。
2005年~2013年にて、テレビ会議「Fresh Voice」は9年連続市場シェアNO.1。
官公庁・国立大学など導入実績は安心の4000社以上。
コスト削減・業務の効率化からBCP対策まで。さらには、CO2削減で環境にもやさしいテレビ会議。
無料お見積り・訪問デモを承りますので、お気軽にお問合せください。