FreshVoiceの価格表はこちら

閉じるボタン
cta画像

すぐに役立つ情報を無料でお届け

徹底比較!Skypeと
Fresh Voiceの違い

資料のダウンロードはこちら

ニュース&トピックス最新ニュース&トピックス|テレビ会議の比較について

テレビ会議の比較について

今日の一言。

【秋RUN漫ってキャッチフレーズは、凄いと思いました。】

 

よく聞かれる「テレビ会議の比較」についてちょっと書きたいと思います。

物を買う時には何でもそうですが、比較はしますね。

ただし、同じ種別の物を対象とします。

だがしかし、世に言うテレビ会議は総称であり、個別を意味する事ではありません。(あくまで持論です。)

テレビ会議の中にも下記のような分類があると思っています。

・ビデオ会議
 SONYやPolycomといった会議室に置く、カメラやマイクなどの機器を含む高額商品。

・Web会議(SI型)
 ネット回線を使用し、サーバーを社内に立てて専用に使うシステム。初期費用が掛かります。

・Web会議(ASP型)
 ネット回線を使用し、外部のサーバーを間借りして他の契約者と一緒に使用するシステム。
 月額での支払が一般なので導入自体は安価。ただし、会社のセキュリティが高かったり、
 外部とのアクセスが出来ない環境だと導入しにくい。
 

価格帯では下記の通り。

 高価                 安価
ビデオ会議 ⇔ Web会議(SI) ⇔ Web会議(ASP)

ただし、高いから良い物、安いから悪い物ではありません。

現状で導入する理由、これが重要です。

画像を綺麗に滑らかな動きで観たいのであれば、ビデオ会議がやはり抜きん出ています。

資料を表示し、打ち合わせをメインとするならWeb会議(PCを使うので)かと思います。

最近ではWeb会議でHD画質を出せる製品もあります。

Web会議なのでビデオ会議に比べると比較的安価に。

 

現在、テレビ会議を導入される企業様でWeb会議が多い理由はこういう事なのです。

だがしかし、Web会議も各社色々出されているので見分けはつきません。

打開策は一つ。

実機でのデモを見る事です。

どこのメーカー様もデモの依頼は受けてくれるはずです。拒否する所は正直お勧め出来ません。

デモにより資料では見えない所も見えてきます。資料じゃどこも良い事しか書きませんから。

あと小ネタですが、他社の悪口を言う会社様はやはり消えていく傾向にあるようです。
(ある意味都市伝説のようなものですが…。)

ちょっと長くなりましたので今日はここまでにします。

真面目なお話は疲れちゃいますので。また今度、書きたいと思います。

 

 

締めの一言。

【ダイワハウスのCMは、ある意味チャレンジャー精神の賜物かと思う。】

以上、野良でした。

 

Think in Japan,Made by Global「日本の会議」のために、世界最高の技術によるテレビ会議システムを。

電話またはフォームよりお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ

    0120-275-319
  • WEBからのお問い合わせ

    お問い合わせ・資料請求はこちらから

お客様のニーズ、会議状況を把握したうえで、最適なカメラ、マイク、周辺機器をご提案。「FreshVoice」の音声・
映像品質を最大限に引き出し、ストレスのないテレビ会議運用環境を構築いたします。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議のエイネット「FreshVoice(フレッシュボイス)」はその優れた品質で、5年連続市場シェアNO.1。
その製品情報を詳しくご案内いたします。コスト削減・業務の効率化からBCP対策までを実現。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議システムのエイネット「Fresh Voice(フレッシュボイス)」。
2005年~2013年にて、テレビ会議「Fresh Voice」は9年連続市場シェアNO.1。
官公庁・国立大学など導入実績は安心の4000社以上。
コスト削減・業務の効率化からBCP対策まで。さらには、CO2削減で環境にもやさしいテレビ会議。
無料お見積り・訪問デモを承りますので、お気軽にお問合せください。