FreshVoiceの価格表はこちら

閉じるボタン
cta画像

すぐに役立つ情報を無料でお届け

徹底比較!Skypeと
Fresh Voiceの違い

資料のダウンロードはこちら

ニュース&トピックス最新ニュース&トピックス|帯域と音声遅延および映像遅延の関係(2)

帯域と音声遅延および映像遅延の関係(2)

FreshVoiceよくあるご質問シリーズ
■その他の遅延問題 
<<CPUのパフォーマンス不足による遅延>> 
CPUの負荷は、映像を送信する側のエンコード作業の際もっとも高くなる。逆にデコード時は意外に低い。試しに送信映像を止めて見ていただきたい。 
さて、このエンコーディングに時間が掛かり、映像が遅延する場合だが、この問題の発見方法は簡単で、タスクマネージャーからパフーマンスタブのグラフを見ていただければPCが苦しんでいることが見て取れると思う。ちなみに私はノートブックPCであれば熱の持ち方、ファンの回り方などを手がかりに発見することもある。対応は単純にCPUの負荷を軽減させればいいのである。そのPCのCPUの能力限界以下に解像度を絞る。それでも足りなければフレームレートを下げる。解像度は面、フレームレートは奥行きの枚数なので、結局CPU負荷は、解像度×フレームレートで決まる。 
一般的にCore i3~Core i5のクロック2GHz程度で、当社のH.264のHD30fps程度の圧縮は軽くこなすはずである。
<<サーバーの負荷による遅延>> 
サーバー負荷によって、映像遅延が起こる場合がある。サーバーは、各端末からあがってくる映像をデコードし、ミキシングをして今度は送信するポートに対して再エンコードを行っている。つまりサーバーは、受信側の設定ごとにエンコードを行っているのである。そのため、受信設定は以下の様にある程度のパターンを作ることを薦めている。クライアント毎にあまりバラバラだと、それぞれにエンコーダーが立ち上がり、サーバーのCPUリソースを食いつぶす事になるからだ。 
[高画質] 
HD(960×600) 
Frame 30fps 
Send Bandwith 1.5Mbps 
Resv Bandwith 1.5Mbps 
[中画質] 
VGA(640×480) 
Frame 15fps 
Send Bandwith 1.0Mbps 
Resv Bandwith 1.0Mbps 
[低画質] 
CIF(960×480) 
Frame 30fps 
Send Bandwith 1.5Mbps 
Resv Bandwith 1.5Mbps 

Think in Japan,Made by Global「日本の会議」のために、世界最高の技術によるテレビ会議システムを。

電話またはフォームよりお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ

    0120-275-319
  • WEBからのお問い合わせ

    お問い合わせ・資料請求はこちらから

お客様のニーズ、会議状況を把握したうえで、最適なカメラ、マイク、周辺機器をご提案。「FreshVoice」の音声・
映像品質を最大限に引き出し、ストレスのないテレビ会議運用環境を構築いたします。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議のエイネット「FreshVoice(フレッシュボイス)」はその優れた品質で、5年連続市場シェアNO.1。
その製品情報を詳しくご案内いたします。コスト削減・業務の効率化からBCP対策までを実現。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議システムのエイネット「Fresh Voice(フレッシュボイス)」。
2005年~2013年にて、テレビ会議「Fresh Voice」は9年連続市場シェアNO.1。
官公庁・国立大学など導入実績は安心の4000社以上。
コスト削減・業務の効率化からBCP対策まで。さらには、CO2削減で環境にもやさしいテレビ会議。
無料お見積り・訪問デモを承りますので、お気軽にお問合せください。