FreshVoiceの価格表はこちら

閉じるボタン
cta画像

すぐに役立つ情報を無料でお届け

徹底比較!Skypeと
Fresh Voiceの違い

資料のダウンロードはこちら

ニュース&トピックス最新ニュース&トピックス|進化するデジタルサイネージ

進化するデジタルサイネージ

デジタルサイネージ、と聞いてどんなものを思い浮かべるでしょうか?

直訳すれば電子看板。電子看板という言葉がイメージさせるのは、たとえば人通りの多い繁華街で燦然と輝く巨大なディスプレイ、そこに流れる映像といったものでしょう。弊社の拠点である秋葉原にも、「秋葉原UDXビジョン」と呼ばれる幅11m超、高さ7m近い巨大デジタルサイネージが設置されています。普段電車を利用される方であれば、駅構内の柱や壁面が映像広告媒体として活用されているのを思い出すかもしれません。それに、車内でニュースやCMを流すディスプレイのことも。それらもまたデジタルサイネージの一種です。
新宿や渋谷といった大都市の、一番にぎわう場所のディスプレイだけが有名だった時代もいまは昔。デジタルサイネージはいまや、私たちにとってずいぶん身近な存在になりつつあります。
そして現代の技術が、デジタルサイネージをさらに進化させようとしています。もともとデジタルサイネージは看板やポスターと違ってコンテンツの更新が容易であること、動画コンテンツの配信が可能であることが特徴でした。それだけでも地域特性や時間帯に合わせたコンテンツの配信は可能です。設置箇所を綿密に調査すれば、ターゲットを絞ってのコンテンツ配信もある程度は可能でした。しかしこれからのデジタルサイネージは、IT技術や他の様々なデバイスとの連携によって、さらに強力な広告効果やマーケティング機能を獲得しようとしているのです。
弊社の提供するデジタルサイネージ導入パッケージは、これからのデジタルサイネージサービスを先取りする多くの特徴を持っています。タッチ式サイネージパネルの採用によるインタラクティブなマルチメディアコンテンツの提供。顧客のトラッキングデータの収集。カメラを利用すれば顧客の属性情報のみならず、広告への反応も調査可能になります。コンテンツはスマートフォンやタブレットへも同時配信が可能。さらにSmoothWebスイートを活用することにより、24時間365日体制での安価なコンテンツ制作を可能にしました。管理はインターネットからブラウザ経由で行えます。そのため、コンテンツは導入先企業の担当者ご自身でも自由に編集、公開スケジュールの変更や切り替えが可能になりました。そしてもちろん、こうした先進的サービスをお客様のニーズに合わせて自在にカスタマイズさせていただきます。
テレビ会議・Web会議システムの分野で業界をリードしてきたエイネットは、デジタルサイネージの分野でも新たな可能性を切り開こうとしています。新たな広告展開をお考えのお客様がいらっしゃいましたら、ぜひともお手伝いさせてください。資料請求は右側のボタンから。さらに詳しい情報をお求めでしたら、こちらのページをご覧ください。
デジタルサイネージ.jpg

Think in Japan,Made by Global「日本の会議」のために、世界最高の技術によるテレビ会議システムを。

電話またはフォームよりお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ

    0120-275-319
  • WEBからのお問い合わせ

    お問い合わせ・資料請求はこちらから

お客様のニーズ、会議状況を把握したうえで、最適なカメラ、マイク、周辺機器をご提案。「FreshVoice」の音声・
映像品質を最大限に引き出し、ストレスのないテレビ会議運用環境を構築いたします。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議のエイネット「FreshVoice(フレッシュボイス)」はその優れた品質で、5年連続市場シェアNO.1。
その製品情報を詳しくご案内いたします。コスト削減・業務の効率化からBCP対策までを実現。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議システムのエイネット「Fresh Voice(フレッシュボイス)」。
2005年~2013年にて、テレビ会議「Fresh Voice」は9年連続市場シェアNO.1。
官公庁・国立大学など導入実績は安心の4000社以上。
コスト削減・業務の効率化からBCP対策まで。さらには、CO2削減で環境にもやさしいテレビ会議。
無料お見積り・訪問デモを承りますので、お気軽にお問合せください。