FreshVoiceの価格表はこちら

閉じるボタン
cta画像

すぐに役立つ情報を無料でお届け

徹底比較!Skypeと
Fresh Voiceの違い

資料のダウンロードはこちら

ニュース&トピックス最新ニュース&トピックス|地デジ対応

地デジ対応

こんにちわととです。
皆さんはもう地デジ対応しましたか?
最近はアナログ放送の画面の右上に「アナログ」なる表示をしてプレッシャーをかけてますよね。
先日のととうおのママはこれを”あなぐろ”といっています。あの表示は何か意味があるのかな?昔同じように「カラー」なんて表示があったけど、カラーテレビが買えない貧乏人には、卑屈感がありましたね。(歳がばれる)
私はずいぶん前に地デジ対応完了しています。それというのも、私はN大B学部のそばに住んでいます。そこにたっているのっぽのビルのせいで、テレビは受信障害があるのだそうです。ということで、N大がお金を出して共同アンテナを立て影響範囲の各家庭にケーブルで配信してくれているのです。もちろん無料です。だから、うちも含めて近所にテレビアンテナは見当たりません。
ところがある日、地デジになったら障害がなくなります。だから、共同アンテナのサービスはやめます。なる、不幸の手紙が送られてきました。共謀したかのようなタイミングで、ケーブルテレビの勧誘がやってきました。わずか3,000円の初期費用で地デジ対応が出来ますよという甘い囁きにだまされました。アンテナ立てるよりは安いなって…..でもアンテナは初期費用だけですが、ケーブルテレビは毎月何千円払うのです。やられた!
というわけで、地デジは受信できますが、テレビは昔ながらのブラウン管の20インチのテレビで見ています。地デジはワイドスクリーン(16:9)が基本です。だから、このテレビだと画面の上下に映らない部分(黒い帯)が発生します。地デジはアナログと同じ内容の放送をしなければいけないらしいのです。アナログの画面は4:3です。同じ内容を放送するには無理がありますよね。だから、アナログで作成された番組をうちの地デジで見ると、上下左右に黒帯が入り、画面がふた回り小さくなってしまうのです。なんか損した気分です。あわてて地デジにすることなかったなって思っています。

さて、われらがFreshVoice テレビ会議システムもいよいよハイビジョン対応をすることになりました。これに対応して、開発環境やデモ環境をハイビジョン対応にしなくてはいけません。このハイビジョンてのが、恨みのワイドスクリーン(16:9)なのです。先日ヨドバシカメラに21.5インチのハイビジョン対応のディスプレイを買いに行きました。結構安いんですね、地デジチューナなんてついてませんから、25,000円くらいで手に入るんです。最近のディスプレイ付きのパソコンはみんなワイドスクリーンですね。

TV会議の世界もテレビだけに地デジの波が押寄せてきたぁ!(うちの会社だけ?)

Think in Japan,Made by Global「日本の会議」のために、世界最高の技術によるテレビ会議システムを。

電話またはフォームよりお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ

    0120-275-319
  • WEBからのお問い合わせ

    お問い合わせ・資料請求はこちらから

お客様のニーズ、会議状況を把握したうえで、最適なカメラ、マイク、周辺機器をご提案。「FreshVoice」の音声・
映像品質を最大限に引き出し、ストレスのないテレビ会議運用環境を構築いたします。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議のエイネット「FreshVoice(フレッシュボイス)」はその優れた品質で、5年連続市場シェアNO.1。
その製品情報を詳しくご案内いたします。コスト削減・業務の効率化からBCP対策までを実現。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議システムのエイネット「Fresh Voice(フレッシュボイス)」。
2005年~2013年にて、テレビ会議「Fresh Voice」は9年連続市場シェアNO.1。
官公庁・国立大学など導入実績は安心の4000社以上。
コスト削減・業務の効率化からBCP対策まで。さらには、CO2削減で環境にもやさしいテレビ会議。
無料お見積り・訪問デモを承りますので、お気軽にお問合せください。