FreshVoiceの価格表はこちら

閉じるボタン
cta画像

すぐに役立つ情報を無料でお届け

徹底比較!Skypeと
Fresh Voiceの違い

資料のダウンロードはこちら

ニュース&トピックス最新ニュース&トピックス|教育向けにも使われつつあるテレビ会議システムの未来

教育向けにも使われつつあるテレビ会議システムの未来

student.jpg
▼教育ジャンルにもテレビ会議システムが
教育の分野にもテレビ会議システムが導入されようとしています。引きこもりの人を自宅で教育支援を行ったり、遠隔地学習を行ったりなど、教育のジャンルでもテレビ会議の可能性はあるのです。では、それぞれ、どのような可能性があるのでしょうか。見ていきましょう。
▼引きこもり学習
何らかの事情で学校にいけなくなった人も、勉強だけは続けなくてはなりません。そこで、テレビ会議を使っての家庭学習に効果を得ることができるでしょう。テキストなどは郵送や保護者の方が学校に取りに行き、プリントなども提出しながら、家庭で学習が遅れないようにフォローしていくことが大切です。授業に出ているのと同じ緊張感が味わえますので、家庭でも十分にライブな学習が可能です。
家庭に機材を設置して、学校と通信することで、教室で受けるのと同等の授業を受けることができたり、担任との面談などもこなすことができます。
▼限界集落での学校教育
最近は地方に移住する若い世代も増えてきました。ですが、そこで問題になるのが、地方と都会の教育格差です。限界集落に移住したら、高齢者ばかりで学校の設備が整っていないとか、一人の生徒のために学校の校舎を大幅に改修して先生もつけるなど、学校現場での非効率性をテレビ会議型の教育システムで改善することができるでしょう。地方にいながらにして都会と同程度の教育が受けられるのも、Web会議を使った教育システムの魅力です。日本はインフラ設備が整っているので、離島や限界集落でもインターネットにはつながります。また、郵便事情なども優れていますので、それらを活かして遠隔地教育を行うことが可能です。これによって移住の自由度が高まり、良質な教育を受けるために無理して家賃の高い都心部に住むという必要がなくなるのです。
▼遠隔地教育に可能性
テレビ会議を使っての遠隔地教育には可能性があります。日本には時差がないため、複数の地域にいる生徒が、一人の教師の講義を同時に受けて、授業を進行してもらうことができるのです。少子高齢化社会で子供の人口が減っていっている今、テレビ会議による教育システムはもうすぐそこまで来ています。

Think in Japan,Made by Global「日本の会議」のために、世界最高の技術によるテレビ会議システムを。

電話またはフォームよりお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ

    0120-275-319
  • WEBからのお問い合わせ

    お問い合わせ・資料請求はこちらから

お客様のニーズ、会議状況を把握したうえで、最適なカメラ、マイク、周辺機器をご提案。「FreshVoice」の音声・
映像品質を最大限に引き出し、ストレスのないテレビ会議運用環境を構築いたします。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議のエイネット「FreshVoice(フレッシュボイス)」はその優れた品質で、5年連続市場シェアNO.1。
その製品情報を詳しくご案内いたします。コスト削減・業務の効率化からBCP対策までを実現。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議システムのエイネット「Fresh Voice(フレッシュボイス)」。
2005年~2013年にて、テレビ会議「Fresh Voice」は9年連続市場シェアNO.1。
官公庁・国立大学など導入実績は安心の4000社以上。
コスト削減・業務の効率化からBCP対策まで。さらには、CO2削減で環境にもやさしいテレビ会議。
無料お見積り・訪問デモを承りますので、お気軽にお問合せください。