FreshVoiceの価格表はこちら

閉じるボタン
cta画像

すぐに役立つ情報を無料でお届け

徹底比較!Skypeと
Fresh Voiceの違い

資料のダウンロードはこちら

ニュース&トピックス最新ニュース&トピックス|介護の在宅支援でも使われています

介護の在宅支援でも使われています


pixta_24919424_S.jpg

テレビ会議は、介護の在宅支援の現場でも使われています。

施設介護は、集団で生活して、みなで効率よく介護を受けますが、在宅介護は自宅にいながらにして、介護スタッフが訪問して介護サービスを受けるものです。

今後は、社会保障費の抑制もあって、在宅介護は増えていく見通しです。要介護者の自宅にテレビ会議の端末を設置し、介護施設にもテレビ会議を設置すれば、遠隔で見守りが可能となります。

会話もでき、「今日の調子はどうですか?」などのコミュニケーションを取ることができます。ただし、相手はお年寄り・高齢者ですから、何も操作しなくてもコミュニケーションを取れるように工夫が必要です。 ゼロクリックで会議に参加できるよう、さまざまな設定を、事前に介護スタッフが行うといいでしょう。

見守り効果は高い!限界集落にも

限界集落でも、テレビ会議のようなシステムを使って、見守りが行われているケースがあるようです。限界集落では、基本的に集まって高齢者が暮らしていますが、やはりどこの地域でも介護は人手が足りず、人材不足でひとりひとりの介護にかけられる時間も少ないのです。 そこで、要介護度の低い人には、テレビ電話を使ってもらい、毎日薬の飲み忘れがないか確認したり、体調の相談をしたり、日常の何気ない雑談をするなどして、テレビ会議を活用してもらいます。

これならば、最小限のスタッフで運営をすることができますし、いざいというときだけ介護スタッフがかけつければいいので、効率よく介護を行うことができます。 問題は、いかにしてお年寄りが操作をしなくていいようにシステムを組むかです。それは、ビジネスで100ヶ所同時に接続したときと同じように、ゼロクリックで会話に参加できるよう、「聞こえますか?○○さん」という風に話しかければ会話がスタートできるよう、工夫していく必要があるでしょう。

介護の現場にもテレビ会議はおすすめです。

Think in Japan,Made by Global「日本の会議」のために、世界最高の技術によるテレビ会議システムを。

電話またはフォームよりお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ

    0120-275-319
  • WEBからのお問い合わせ

    お問い合わせ・資料請求はこちらから

お客様のニーズ、会議状況を把握したうえで、最適なカメラ、マイク、周辺機器をご提案。「FreshVoice」の音声・
映像品質を最大限に引き出し、ストレスのないテレビ会議運用環境を構築いたします。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議のエイネット「FreshVoice(フレッシュボイス)」はその優れた品質で、5年連続市場シェアNO.1。
その製品情報を詳しくご案内いたします。コスト削減・業務の効率化からBCP対策までを実現。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議システムのエイネット「Fresh Voice(フレッシュボイス)」。
2005年~2013年にて、テレビ会議「Fresh Voice」は9年連続市場シェアNO.1。
官公庁・国立大学など導入実績は安心の4000社以上。
コスト削減・業務の効率化からBCP対策まで。さらには、CO2削減で環境にもやさしいテレビ会議。
無料お見積り・訪問デモを承りますので、お気軽にお問合せください。