FreshVoiceの価格表はこちら

閉じるボタン
cta画像

すぐに役立つ情報を無料でお届け

徹底比較!Skypeと
Fresh Voiceの違い

資料のダウンロードはこちら

ニュース&トピックス最新ニュース&トピックス|営業スタイルは、訪問販売から非対面販売へ

営業スタイルは、訪問販売から非対面販売へ

【マーケティングをぐんぐん効率化するweb会議システム】


pixta_21605062_S.jpg

ここ数年、営業のかたちが変化してきています。その潮流の中で注目を集めているのが、テレビ会議システムです。どんなふうに活用されているのでしょうか。

訪問型営業から非訪問型営業へ

これまで営業といえば「直接訪問、対面営業」が基本。足で顧客を獲得するのが一般的でした。face to faceで顔を突き合わせて営業するのが当たり前でしたが、人材不足の中、人海戦術であるこれまでの営業方法は取れず、不景気で飛び込み営業も思ったような効果を上げることができません。そこで、出てきたのが新しい「非訪問型」営業の仕組み、テレマーケティングです。

テレマーケティングで効率アップ

市場に対して効率的な営業をしていくために、テレマーケティングでは電話やメールでまず見込み客とコミュニケーションを取り、商談の雰囲気が高まってから実際の営業に移ります。なるべく人的コストをかけずに商談の見込みを立てて成約率を上げるのが目的ですから、いかに「場をあたためられるか」がポイントになります。

テレビ会議システムでさらに効率アップ

見込み客とよい関係を築き、「この商品(サービス)を買ってもいいかも」と思ってもらえるかどうか。これが、テレマーケティングではとても重要になります。しかし、電子メールは開封率が低く、効率が悪いといわざるをえません。電話は実際に話すことができますが、「忙しいのに時間を取られて嫌だ」という方も少なくないのが現状です。

この点、テレビ会議システムは、相手の顔を見ながら話ができるのが特徴です。一方的な受発信ではなく双方向のコミュニケーションが取れるので、初対面の間柄でも親近感がわきやすく、互いの距離を一気に縮めることができます。まるですぐそばで話しているような環境の中で、商品やサービスの理解もぐっと深まります。そのまま商談ということになれば、システムに付随しているデータ共有機能を使って、具体的な資料の提示もスムーズに行えます。

「顧客先まで行き、実際に会って口で説明する」という従来の営業手法は、人と人とのコミュニケーションで成り立っている営業活動では王道の方法だといえます。しかし、テレビ会議システムが開発された今、その方法は会社にいながらにして行うことができるようになりました。テレマーケティング時代になっても、テレビ会議システムを使えば、訪問型営業の利点を活かしつつ、より効率のよい営業を行うことができます。

まとめ

営業方法のあり方は、これからもどんどん進化していくことでしょう。しかし、営業がコミュニケーションに基礎を置くものである以上、テレビ会議システムの需要は今後もずっと伸び続けていくに違いありません。

Think in Japan,Made by Global「日本の会議」のために、世界最高の技術によるテレビ会議システムを。

電話またはフォームよりお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ

    0120-275-319
  • WEBからのお問い合わせ

    お問い合わせ・資料請求はこちらから

お客様のニーズ、会議状況を把握したうえで、最適なカメラ、マイク、周辺機器をご提案。「FreshVoice」の音声・
映像品質を最大限に引き出し、ストレスのないテレビ会議運用環境を構築いたします。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議のエイネット「FreshVoice(フレッシュボイス)」はその優れた品質で、5年連続市場シェアNO.1。
その製品情報を詳しくご案内いたします。コスト削減・業務の効率化からBCP対策までを実現。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議システムのエイネット「Fresh Voice(フレッシュボイス)」。
2005年~2013年にて、テレビ会議「Fresh Voice」は9年連続市場シェアNO.1。
官公庁・国立大学など導入実績は安心の4000社以上。
コスト削減・業務の効率化からBCP対策まで。さらには、CO2削減で環境にもやさしいテレビ会議。
無料お見積り・訪問デモを承りますので、お気軽にお問合せください。