FreshVoiceの価格表はこちら

閉じるボタン
cta画像

すぐに役立つ情報を無料でお届け

徹底比較!Skypeと
Fresh Voiceの違い

資料のダウンロードはこちら

ニュース&トピックス最新ニュース&トピックス|働き方改革のゆくえ

働き方改革のゆくえ

IMG_0255-1.jpg
働き方改革。
話題ですね。

でもこの働き方改革っって、働く人みんなに関係あるのですが、それでもなかなか思うとおりには進展していないですね。

Webメディアでも、「Boxilビヨンド」様などが働き方改革を取り上げたりしている一方で、サイボウズ様などは「働き方改革、面白くないのはなぜだろう」なんてことを言っちゃって、疑義を呈すなど、世間の反応はまちまちです。
しかし、個人的には、少しでも働き方改革や同一労働同一賃金に着手したのは、評価できるんじゃないかなーなんて思います。

これまではいたずらに派遣法をいじるばかりで、労働問題は放置されてきました。
よって、だからこそ、みんな長時間労働に悩まされ、過労死が国際用語になり、有給消化率は低いままだったのですから。

しかし、問題は生産性ではないかと思います。

日本の生産性はOECDの調査によると先進国最下位。
つまり時間あたりのアウトプットや、働く人の時給が少ないことが問題です。
そしてこれは、長時間労働の問題とつながっている気がしてなりません。

もともと、一般的な日本の企業は基本給が低く、残業代で稼ぐようになっています。
これがよくないのではないかと感じます。

基本給が高くなれば、みんなが残業したら人件費が高くなってしまう。
だから企業側から見れば、人件費をおさえるために、基本給を控えめにして、残業で稼ぐという仕組みができあがってしまうのです。

よって、ダラダラ残業・・・というのがまかりとおってしまっているのです。
みなさん、自分の時給を考えた時、いくらぐらいだと思いますか?
給与支給額を労働時間で割った時、「あっ、マクドナルドより低い!」と思ってしまったことはありませんか?
マクドナルドが悪いっていうんじゃありません。
時給で働く人たちより、生産性を高められるはずのビジネスパーソンのほうが、時給が低いことがあるのです。

これは、労働生産性が著しく低いことを意味しているのではないでしょうか。

政府にいわれるまでもなく、仕事をさっさと切り上げて帰りましょう!
もしも残業代のためにダラダラ残業しているのであれば、そんなことはやめましょう。
その分だけ自宅に帰ってスキルアップのために英語の勉強やプログラミングで何か作ってみるとか、クラウドソーシングで副業をはじめてみるとか、したほうがよほど自分のためになります。


人手不足の時代。生活資金はどうにでもなるので、生産性向上とキャリアアップを考えることこそ、働き方改革なんじゃないかなと感じます。

Think in Japan,Made by Global「日本の会議」のために、世界最高の技術によるテレビ会議システムを。

電話またはフォームよりお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ

    0120-275-319
  • WEBからのお問い合わせ

    お問い合わせ・資料請求はこちらから

お客様のニーズ、会議状況を把握したうえで、最適なカメラ、マイク、周辺機器をご提案。「FreshVoice」の音声・
映像品質を最大限に引き出し、ストレスのないテレビ会議運用環境を構築いたします。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議のエイネット「FreshVoice(フレッシュボイス)」はその優れた品質で、5年連続市場シェアNO.1。
その製品情報を詳しくご案内いたします。コスト削減・業務の効率化からBCP対策までを実現。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議システムのエイネット「Fresh Voice(フレッシュボイス)」。
2005年~2013年にて、テレビ会議「Fresh Voice」は9年連続市場シェアNO.1。
官公庁・国立大学など導入実績は安心の4000社以上。
コスト削減・業務の効率化からBCP対策まで。さらには、CO2削減で環境にもやさしいテレビ会議。
無料お見積り・訪問デモを承りますので、お気軽にお問合せください。