FreshVoiceの価格表はこちら

閉じるボタン
cta画像

すぐに役立つ情報を無料でお届け

徹底比較!Skypeと
Fresh Voiceの違い

資料のダウンロードはこちら

ニュース&トピックス最新ニュース&トピックス|はじめての和食にチャレンジ中

はじめての和食にチャレンジ中

pixta_20729746_M.jpg

エンジニアは健康にも気遣い和食づくり

最近、和食にチャレンジしています。
といっても、冷凍野菜の和食タイプを買ってきて、肉や魚と一緒に調味料で煮るだけ。
じゃがいも、さといも、にんじん、さやいんげん、玉ねぎなどなど。
しらたきも入れることがあります。とっても安いし腹持ちが良いので。

 そして、肉は牛の切り落とし、魚は切り身を買ってきて、炊飯器に入れるだけです。
あとは、見た目が茶色くなってしまうので、ネギをちらします。
そのネギも、最初から切れてるタイプのものを使えば楽チン。

調味料の話あれこれ

問題は調味料です。
和食の場合、醤油:酒:みりん=1:1:1の割合にして、あとは砂糖と一緒に煮込むだけ。酒もみりんも100円で売っているので、あえてわりしたを買う必要はないですね。 

料理の初心者なもので、調味料にやたらお金がかかってしまいます。
ケチャップ、マヨネーズ、醤油、みりん、酒、味覇、だし、片くり粉などなど、揃えるのにお金がかかったので、少なくとも使い切るまでは自炊を続けるぞ!という感じです。
調理と言っても、さまざまなものがあります。

 
たとえば、お酢はイタリアンドレッシングにも使えますし、日本食の酢の物にも使えます。オイルも普通のサラダ油もあれば、体によいバージンオイルもあります。
どれも揃えたいところですが、使い切ることを目的として、まずは少量から購入してみようと思っています。

失敗もあります。ときには

失敗もしています。
マヨネーズを最初は小さいものを買ったのですが、サンドイッチの具材に使ってみるとあまりに美味しすぎて、あっという間になくなってしまいました。
だから大きいのを買ったのですが、そのうちサンドイッチにも飽きてしまい・・・という感じです。

 
基本的に、食べたい食材はいま体に足りていない食材のことですから、たとえばナスが食べたいのであれば、焼いて、煮て、蒸して、その後、塩を足したり中華にしたりと、レパートリーを増やしていく感じです。

調味料は、料理の幅を広げてくれますが、分量通りにしないと必ず失敗します。
目分量や、気持ちという分量では失敗してしまうのです。
レシピをしっかり守れば、怖くありません。
中華など難易度が高いものは、タレを買ってくるのもありではないでしょうか。クックドゥであれば100円で売っていますし、調味料をあれこれ揃えるより安いと思います。
そうやって、徐々にレパートリーを増やしていきたいです。 

できるだけ薄味、素材の味を活かしながら、美味しいものを食べたいです。

Think in Japan,Made by Global「日本の会議」のために、世界最高の技術によるテレビ会議システムを。

電話またはフォームよりお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ

    0120-275-319
  • WEBからのお問い合わせ

    お問い合わせ・資料請求はこちらから

お客様のニーズ、会議状況を把握したうえで、最適なカメラ、マイク、周辺機器をご提案。「FreshVoice」の音声・
映像品質を最大限に引き出し、ストレスのないテレビ会議運用環境を構築いたします。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議のエイネット「FreshVoice(フレッシュボイス)」はその優れた品質で、5年連続市場シェアNO.1。
その製品情報を詳しくご案内いたします。コスト削減・業務の効率化からBCP対策までを実現。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議システムのエイネット「Fresh Voice(フレッシュボイス)」。
2005年~2013年にて、テレビ会議「Fresh Voice」は9年連続市場シェアNO.1。
官公庁・国立大学など導入実績は安心の4000社以上。
コスト削減・業務の効率化からBCP対策まで。さらには、CO2削減で環境にもやさしいテレビ会議。
無料お見積り・訪問デモを承りますので、お気軽にお問合せください。