FreshVoiceの価格表はこちら

閉じるボタン
cta画像

すぐに役立つ情報を無料でお届け

徹底比較!Skypeと
Fresh Voiceの違い

資料のダウンロードはこちら

ニュース&トピックス最新ニュース&トピックス|通信関連市場の現状と将来の展望

通信関連市場の現状と将来の展望

ITmediaに掲載されているものです。
参考になるかと思いますので、テレビ会議の部分を転載します。

【アナリストの視点】

通信関連市場の現状と将来の展望

菅又和彦(富士キメラ総研)

 通信関連機器やシステムの分野では、コア/メトロネットワーク光伝送装置やハイエンドルータなどの売り上げが伸びた。NTTグループが2008年度に次世代ネットワーク(NGN)というコンセプトを打ち出したことで、関連製品の需要が高まったからだ。ブロードバンドやVPNの普及で企業内外のトラフィックが増加傾向にある中、処理能力を高めるWAN高速化装置などのニーズも根強い。

 通信サービスでは、NTTグループやKDDI、電力系通信キャリアの動きが盛んだ。FTTH/0AB~J-IP電話(固定電話と同じ形式の電話番号を持つIP電話)/映像配信の各サービスを”トリプルプレイ”として提供し、インターネットに詳しくない人やADSLサービスの利用者を取り込んでいる。通信キャリアは、デジタルテレビやゲーム機によるインターネットの利用シーンを提案し、FTTHサービスの需要維持を狙っている。

 富士キメラ総研は、通信機器/システムおよび通信サービスという分野で、通信関連市場を分析した。同市場の概況を伝える。

■通信機器/システム市場の概況

 2008年度における国内の通信機器/システム市場は3兆2657億円で、2007年度より約4000億円縮小した。携帯電話端末の出荷台数が大幅に減少したからだ。背景には、個人向けの新規需要が飽和したこと、割賦販売方式制度の導入で買い替え期間が長期化したことがある。

 同市場は2013年度には2兆9814億円となり、さらに縮小する見通しだ。ブロードバンドサービスの普及率の高まりにより、PONシステムなどを含むネットワーク関連市場、MFP(Multifunction Peripheral:複合機)の低価格化による固定音声関連機器市場がそれぞれ縮小すると予測される。

◎コラボレーション/映像関連システム

2009年度以降の市場規模の見通し:拡大
背景(2009年度以降):会議システムの新規需要が一巡する見込みだが、HD製品に対する需要、顧客サポートや遠隔講義といった会議以外の用途での需要が見込まれるため

■注目製品

テレビ会議システム+MCU

 テレビ会議システムおよびMCU製品は、HD製品の価格下落や出張費用削減の用途により、新たな需要が喚起される。これらの製品は2002年度ごろから導入が進んできたが、今後は既存ユーザーのシステム償却時期が来るため、入れ替え需要が発生するとみられる。

全文はこちら 

Think in Japan,Made by Global「日本の会議」のために、世界最高の技術によるテレビ会議システムを。

電話またはフォームよりお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ

    0120-275-319
  • WEBからのお問い合わせ

    お問い合わせ・資料請求はこちらから

お客様のニーズ、会議状況を把握したうえで、最適なカメラ、マイク、周辺機器をご提案。「FreshVoice」の音声・
映像品質を最大限に引き出し、ストレスのないテレビ会議運用環境を構築いたします。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議のエイネット「FreshVoice(フレッシュボイス)」はその優れた品質で、5年連続市場シェアNO.1。
その製品情報を詳しくご案内いたします。コスト削減・業務の効率化からBCP対策までを実現。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議システムのエイネット「Fresh Voice(フレッシュボイス)」。
2005年~2013年にて、テレビ会議「Fresh Voice」は9年連続市場シェアNO.1。
官公庁・国立大学など導入実績は安心の4000社以上。
コスト削減・業務の効率化からBCP対策まで。さらには、CO2削減で環境にもやさしいテレビ会議。
無料お見積り・訪問デモを承りますので、お気軽にお問合せください。