FreshVoiceの価格表はこちら

閉じるボタン
cta画像

すぐに役立つ情報を無料でお届け

徹底比較!Skypeと
Fresh Voiceの違い

資料のダウンロードはこちら

ニュース&トピックス最新ニュース&トピックス|SkypeとFreshVoiceのもっとも大きな違いとは?

SkypeとFreshVoiceのもっとも大きな違いとは?

お客様と話していると、「うちはSkypeで間に合ってるから」という話を良く聞く。
では、Skypeは無料であるにもかかわらず、なぜ高いお金を払って、商用のテレビ会議/WEB会議を利用するユーザーが大勢いるのだろうか?
ここでは、SkypeとFreshVoiceのもっとも大きな違いについて考えてみたい。
■SkypeとFreshVoiceのもっとも大きな違い
「Skypeは複数拠点接続に弱い!」
それでは、なぜ、Skypeは複数拠点接続に弱いのか? 
・PtoPの様に音声をミキシングする必要がない場合 
Skypeのスーパーノードが、最適なネットワークルートを確保する。 
この時に、NATの問題や、Firewall通過の問題を解決している単体のコーデックを用いるので、音声劣化が起きづらい。 
また、ミキシング時に起こる遅延時間がなく快適。 
・複数拠点を同時に接続する場合
 
スーパーノードが、複数端末の中でCPU、ネットワークのリソースを分析して、一番リッチな端末をミキシングサーバーとして指定する。 
ミキシングサーバー(音声のみ)が、決定するとそこではサーバーの動作 とクライアントの動作を同時に行う。 
このサーバーが不安定な状態(処理や、ネットワーク)に陥りやすいの でSkypeの複数通話は、不安定だといわれる。 
FreshVoiceは、このサーバーを高性能なサーバー機にいれ、データーセンターなどの安定した環境に設置して、24時間顧客向けにサービスを提供するため、安定した会議がいつでも行える。 
まさに、Skypeは、個人向けな廉価サービス ・・・無料で提供されているので当然と言えば当然。対してFreshVoiceは、ビジネス様に安定したサービス。これは、原理理屈から考えても当然のことと言えると思う。 
基本的な、スーパーノードの動きとPtoP通話の原理は、ここを参照 

Think in Japan,Made by Global「日本の会議」のために、世界最高の技術によるテレビ会議システムを。

電話またはフォームよりお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ

    0120-275-319
  • WEBからのお問い合わせ

    お問い合わせ・資料請求はこちらから

お客様のニーズ、会議状況を把握したうえで、最適なカメラ、マイク、周辺機器をご提案。「FreshVoice」の音声・
映像品質を最大限に引き出し、ストレスのないテレビ会議運用環境を構築いたします。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議のエイネット「FreshVoice(フレッシュボイス)」はその優れた品質で、5年連続市場シェアNO.1。
その製品情報を詳しくご案内いたします。コスト削減・業務の効率化からBCP対策までを実現。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議システムのエイネット「Fresh Voice(フレッシュボイス)」。
2005年~2013年にて、テレビ会議「Fresh Voice」は9年連続市場シェアNO.1。
官公庁・国立大学など導入実績は安心の4000社以上。
コスト削減・業務の効率化からBCP対策まで。さらには、CO2削減で環境にもやさしいテレビ会議。
無料お見積り・訪問デモを承りますので、お気軽にお問合せください。