FreshVoiceの価格表はこちら

閉じるボタン
cta画像

すぐに役立つ情報を無料でお届け

徹底比較!Skypeと
Fresh Voiceの違い

資料のダウンロードはこちら

ニュース&トピックス最新ニュース&トピックス|USB Type-Cの高速充電について考えてみた

USB Type-Cの高速充電について考えてみた

USB Type-Cの高速充電について考えてみました。
私が、割と充電オタクなことは若干紹介させていただきました。
その前で言うと、メモリーオタク。
その前で言うとハードディスクオタクです。
充電オタクとは、
携帯スマホタブレットPCに問わず、充電がちょっとでもなくなると気になって仕方ない人。
周りに居ませんか?90%切ったら、「充電器ある?」とか聞く人。
あと、打ち合わせのたびに充電器持ってくる人。
充電はコンセントを見るとしたくなる
バッテリーが無くなると、この世の終わりに感じる
そこまで人の目に触れて面倒なことをみせないだけで、実はむっつり充電オタクってのも居ます。
まさに、それです。
まぁ、なんでも良いのですが。
どれか、もしくは全てに当てはまる人向けの記事です。
一つもあてはまらないかたは、スルーしてください。
とにかく、最近のバッテリー事情は変わっていてこの事情を知らないと、損をする、って情報です。
普段仕事で持ち歩くカバンを少しでも軽くしたい
さて、一番流行りの充電方法。
これはですね。結論からいくと、ここにも書きましたが、
Macbook <—-> USB Type-C  <—->  iPhone X (iPhoneXS, XSMAX)
これかな。と。2018のMacbookは、USB TypeCの口が一つだけあります。
はじめ、自分の充電と逆に誰かを充電する口だってことに最初意味がわからず、ぎょっとしました。
がなんだかんだで慣れました。モバイルバッテリー側のスイッチをonにしてから、使うこと。
こうしないと逆にモバイルバッテリーが充電されてしまいます。
つまり、MacbookとiPhoneがあれば、モバイルバッテリーや受電器を持ち歩かなくて良いので
一番軽量にできる、と言うスンポウです。
どうしても、不安な場合は、Macbook の純正充電器とTypeC-Type-Cのケーブルを持ち歩きましょう。
では、もっと軽量化をしたい、半日外出のパターン。
とにかく軽くしたい。
ズバリ、これです。
Anker PowerCore Slim 5000 5000mAh約118g
今回は、これをチョイスしました。安心のAnker PowerCore シリーズのスリムタイプですので、カバンにスポッと収まります。充電回数は、iPhone8Plus iPhoneXで2回は確実にできます。歩きながら充電したいけど、カバンに入れたモバイルバッテリーからのびるコードが邪魔。こんな悩みに、このバッテリーは応えてくれます。iPhoneとモバイルバッテリーのサンドイッチ持ち。今までの丸い筒状なら右手なり左手に収まらないのが、重ねて片手で持てる。なんと便利なんでしょう。
Anker PowerCore 5000 モバイルバッテリー5000 mAh / 18.5 Wh約134g
こちらは、今までのオーソドックスなタイプの5000mAhです。5700mAhに比べてかなり軽くなりました。最近は、5700mAhってないんですよね。ちょうど良かったのに。
Anker Astro E1 モバイルバッテリー5200 mAh約125g
こちら、なんだか最軽量ですが、Astroシリーズを使ったことがないので、なんとなく不安でパスしました。
バッテリーだけでは、不安、って方はこちらちょっと変わり種ですが、100VACの充電が付いたタイプで、+50gほどで可能です。これが昔の日本メーカだとPanaさんくらいしかなくて、しかもバッテリーがしょぼくて苦労したんですがね。良い時代です。これだと、とりあえず家を出て、ずっとそのまま出張でもなんとか生き延びられます。
Anker PowerCore Fusion 5000 5000 mAh / 18.5 Wh約189g
大型バッテリーについての考察を書いてみます。
Anker PowerCore Speed 20000 PD 
【充電器が要らない人は、第2世代が出てますので、こちらの方が安くて良いと思います。】
20000mAh越えが結構注目されているので。これ、何に使うのか、っと言うとズバリモバイルPC用かタブレット用です。iPad Pro 12inchを何回も充電することはないので、私の場合Macbookに利用用途は限られます。
計算上、20000mAhで、Macbook(2018)を充電してみると、フル充電を1.7回できるはずなので、時間に換算して7時間+14時間ほどは使えるかな。と言うと飛行機で移動しても一回は給油で降りるくらいの距離はいけます。
なるほど。これ以上になると、完全にMacbookを3回充電できる、
RAVPower26800などもありますが、重量が676gとなりますので、機内持ち込みの限界とはいえ、使い切る前に燃料切れで飛行機が墜落しそうです。Macbook Proや、複数のタブレットを充電する人向きかと。
ただこのサイズ、トランジットの数時間で十分に充電できないため、ホテルで一泊するなり回復には時間がかかりそうです。この充電時間の問題は、PD充電やQCで解決できるのですが。ある程度は。
PD(Power Delivery)のことで、急速充電の規格です。20000mAhクラスのモバイルバッテリーになると、こと充電時間もかかるわけです。少し前の、MicroUSBで充電すると、8時間近くかかっていたのが、このPD充電対応になりますと、4時間ほどで満タンになることになります。とすると、トランジットでコンセットを見つければそこでバッテリーを復活させ、また機内で使うことができるやもしれません。
10月9日追記
結局、Anker PowerCore Slim 5000を人にあげてしまい、
Anker Astro E1 モバイルバッテリー5200 mAh約125g こちらをAmazonでポチってしまいました。
理由は、薄型のバッテリーに慣れておらず、なんとなく充電が遅い気がしたからです。たぶん正確に測るとそうでも
ないのでしょうが、慣れと言いますか、こんな薄いので充電なんてできるか、って固定概念がどうしても離れないの
と、最近の携帯の大型化に(iPhone XSMAXを購入してしまいました)のもあり、どうしても5700mAhが欲しくなったこの2つの理由からです。
正解はどこにあるのか分かりませんが、私のバッテリー熱はまだ冷めやらぬ、という報告日記でした。

Think in Japan,Made by Global「日本の会議」のために、世界最高の技術によるテレビ会議システムを。

電話またはフォームよりお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ

    0120-275-319
  • WEBからのお問い合わせ

    お問い合わせ・資料請求はこちらから

お客様のニーズ、会議状況を把握したうえで、最適なカメラ、マイク、周辺機器をご提案。「FreshVoice」の音声・
映像品質を最大限に引き出し、ストレスのないテレビ会議運用環境を構築いたします。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議のエイネット「FreshVoice(フレッシュボイス)」はその優れた品質で、5年連続市場シェアNO.1。
その製品情報を詳しくご案内いたします。コスト削減・業務の効率化からBCP対策までを実現。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議システムのエイネット「Fresh Voice(フレッシュボイス)」。
2005年~2013年にて、テレビ会議「Fresh Voice」は9年連続市場シェアNO.1。
官公庁・国立大学など導入実績は安心の4000社以上。
コスト削減・業務の効率化からBCP対策まで。さらには、CO2削減で環境にもやさしいテレビ会議。
無料お見積り・訪問デモを承りますので、お気軽にお問合せください。