FreshVoiceの価格表はこちら

閉じるボタン
cta画像

すぐに役立つ情報を無料でお届け

徹底比較!Skypeと
Fresh Voiceの違い

資料のダウンロードはこちら

ニュース&トピックス最新ニュース&トピックス|遠くに住んでいても就活できるWeb会議面接2 amazon編

遠くに住んでいても就活できるWeb会議面接2 amazon編

amazon_s.jpg
外資系企業では、面接にテレビ会議が使われていることもあります。
かの有名なAmazonジャパンでも、面接にテレビ会議が開かれています。
これなら、渋谷のオフィスとアメリカのオフィスがつながり、本社の社員に面接を行ってもらうことができて時間がセーブでき、効率があがり、なおかつ優秀な人材を確保できるとの狙いからです。では、Amazonのテレビ面接のステップを見ていきましょう。
▼最初は会議室に集められ・・・
Amazonジャパンの面接は、まず会議室に面接希望者が集められます。そこで登場するのは外国人社員です。英語での会社概要が説明され、「ドキュメントドリブン」などのAmazonの企業文化が解説されます。質疑応答を経て、さて個別面接の時間です。案内された会議室に入ると、そこには誰もいません。その代わり、部屋にテレビがおいてあって、その中に外国人社員が写っています。
▼Web面接のメリットは双方にある
Amazonジャパンは、日本支部にも優秀な人材を採用しています。ですが面接はアメリカの社員が担当します。音が途切れることなく、高画質・高音質で遠隔の面接が可能となります。ただし、音声には注意が必要です。タイムラグがあるのと、マイク越しに英語を聞くことになるので、かなり難易度が高いのです。しかも面接ですので、向こうは何も持っておらず、ただテーブルの前に座った外国人が見えているだけです。よって、ヒントになるものもなにもなく、ただ会話で面接が進んでいきます。
▼音声通話に慣れるようにしよう!
Amazonの面接を突破するには、この音声通話をいかにしてクリアするかにかかっています。雑音が生じることはないのですが、テレビ会議では非対面で面接が行われるため、何度も聞き返すことは英語力に不安を覚えられてしまうからです。あらかじめSkype英会話などを学習して、マイク越しのヒアリングに慣れておくことも大切です。マイク越しの英語はなかなか難易度が高いですが、Amazonジャパンの面接の場合は、技術英語なので慣れればそれほど難しくはありません。
▼数度の面接をクリアして、合格!
数度の面接をクリアしたら、合格となります。インターネット会議を使った面接は、そのうち一回だけ行われます。効率を重視する外資系企業の一角が、この面接からもわかるようです。web会議での面接は慣れるのが難しいですが、一度経験してしまえばあとはなんてことはありません。

Think in Japan,Made by Global「日本の会議」のために、世界最高の技術によるテレビ会議システムを。

電話またはフォームよりお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ

    0120-275-319
  • WEBからのお問い合わせ

    お問い合わせ・資料請求はこちらから

お客様のニーズ、会議状況を把握したうえで、最適なカメラ、マイク、周辺機器をご提案。「FreshVoice」の音声・
映像品質を最大限に引き出し、ストレスのないテレビ会議運用環境を構築いたします。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議のエイネット「FreshVoice(フレッシュボイス)」はその優れた品質で、5年連続市場シェアNO.1。
その製品情報を詳しくご案内いたします。コスト削減・業務の効率化からBCP対策までを実現。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議システムのエイネット「Fresh Voice(フレッシュボイス)」。
2005年~2013年にて、テレビ会議「Fresh Voice」は9年連続市場シェアNO.1。
官公庁・国立大学など導入実績は安心の4000社以上。
コスト削減・業務の効率化からBCP対策まで。さらには、CO2削減で環境にもやさしいテレビ会議。
無料お見積り・訪問デモを承りますので、お気軽にお問合せください。