FreshVoiceの価格表はこちら

閉じるボタン
cta画像

すぐに役立つ情報を無料でお届け

徹底比較!Skypeと
Fresh Voiceの違い

資料のダウンロードはこちら

ニュース&トピックス最新ニュース&トピックス|Web会議,ビデオ会議に比べ「会議以外にも使う」が55%と高め……シードP調べ

Web会議,ビデオ会議に比べ「会議以外にも使う」が55%と高め……シードP調べ

シード・プランニングは19日、「ユニファイドコミュニケーションシステム(ビデオ会議/音声会議/Web会議)のビジネス利用実態調査」の結果を公表した。調査期間は7月10日~10月5日で、ユニファイドコミュニケーションを業務利用しているビジネスマン540名が回答した。

 シード・プランニングでは、2004年から毎年、ユニファイドコミュニケーションシステム導入ユーザーの利用実態調査を行っており、今年で7回目。それによると、ビデオ会議/Web会議/音声会議の導入ユーザー540件のうち、「導入時期不明」211件を除いた329件の導入時期をみると、2004年以前は「音声会議」51件、「ビデオ会議」が40件と多く、「Web会議」は13件と少なかった。これが2007年に「音声会議」6件、「ビデオ会議」6件、「Web会議」11件と逆転。その後、毎年Web会議の導入数は増えており、2010年には「音声会議」10件、「ビデオ会議」20件、「Web会議」40件となっている。

 ユニファイドコミュニケーション全体で、用途が「会議のみ」のユーザーは59%。41%のユーザーは「会議以外にも使う」とした。「会議以外にも使う」はWeb会議が55%となり、ビデオ会議の35%、音声会議の33.3%と明確な差異が出た。なお、(会議以外の)用途としてもっとも多かったのは「研修」(69%)とのこと。

 なお参加メンバーについて、「社長・幹部クラス」「事業部・部長クラス」は増加、「課長・主任クラス」「担当者クラス」は減少というのが2004・2008・2011年で比較した傾向となっている。利用時間については「1時間~1時間30分」の単位が増加傾向にあった。 (シード・プランニング)

Think in Japan,Made by Global「日本の会議」のために、世界最高の技術によるテレビ会議システムを。

電話またはフォームよりお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ

    0120-275-319
  • WEBからのお問い合わせ

    お問い合わせ・資料請求はこちらから

お客様のニーズ、会議状況を把握したうえで、最適なカメラ、マイク、周辺機器をご提案。「FreshVoice」の音声・
映像品質を最大限に引き出し、ストレスのないテレビ会議運用環境を構築いたします。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議のエイネット「FreshVoice(フレッシュボイス)」はその優れた品質で、5年連続市場シェアNO.1。
その製品情報を詳しくご案内いたします。コスト削減・業務の効率化からBCP対策までを実現。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議システムのエイネット「Fresh Voice(フレッシュボイス)」。
2005年~2013年にて、テレビ会議「Fresh Voice」は9年連続市場シェアNO.1。
官公庁・国立大学など導入実績は安心の4000社以上。
コスト削減・業務の効率化からBCP対策まで。さらには、CO2削減で環境にもやさしいテレビ会議。
無料お見積り・訪問デモを承りますので、お気軽にお問合せください。