FreshVoiceの価格表はこちら

閉じるボタン
cta画像

すぐに役立つ情報を無料でお届け

徹底比較!Skypeと
Fresh Voiceの違い

資料のダウンロードはこちら

ニュース&トピックス最新ニュース&トピックス|WEB会議・音が途切れる、音声が聞き取りづらい原因

WEB会議・音が途切れる、音声が聞き取りづらい原因


pixta_12754064_S.jpg

WEB会議の最中に音が途切れる 聞こえるが聞き取りづらいなどの原因不明なトラブルに不幸にも見舞われた事がある場合、以下のポイントを改善すると良くなることがある。慣れてくると実際の音を聞けばどこが起因しているトラブルなのか、実は音に情報は隠されているのでまずはよく音を聞くことをオススメする。

「音を聞き耳立てて聴け」

大きく分けて2つ原因があります。

1.ネットワーク起因

ネットワークの伝送速度が遅い場合、到達までの時間軸に対して音が間に合わないと、あるバッファーサイズを待った後に、音を受信側で飛ばす場合がある。音飛び、音抜けの現象だが、「あいうえお」の例えで言えば、

「あいうえお」全てが飛んでしまう、といった現象

稀に「あ  うえお」と、一字抜け程度の場合でネットワーク上の考えられる混雑度は少し違うが、何れにしてもネットワークの伝送に起因するものだ。

2.PC側リソース不足

それ以外に、周辺機器との接続で起こる場合がある。

主にCPU等、リソース不足による音の揺らぎと途切れが発生する。

「CPUの利用率を確認してみよう」

リソース不足が確認できた場合は、ハードの買い替えを考えるのが早いが、経済的に許されない場合でも諦めるのはまだ早い。

OSによってだが高速化を調べてみるのが良い。大概、パソコンを買ったまま使っているとメーカーが良かれとインストールしてくれたプログラムが常駐してリソースを圧迫している可能性がある。これらで必要ないプログラムやサービスを切るだけで、古いパソコンが見違える様に高速で動く場合もあるからだ。

あと、決まった時間になると調子が悪いと言った場合、ウィルススキャンのスケジュールが動いていたり、大きな企業であれば暗号化ソフトやソフトウェア配信ソフトウェアが動いている場合もある。

何れにしても「パソコンの声を聞け」である。

3.マイク・スピーカー周辺機器の問題

上記の2つに比べれば、比較的稀ではあるが、周辺機器の機種選択ミス、不良、不安定、設定でお途切れが発生する可能性もある。

まずは、機種選択ミスであるが、これはどうしようもないのだが、

「安物買いの銭失い」

に尽きる。ヘッドセットの場合は、ほぼどれを買って頂いても問題ない。極端に言えば1000円くらいで全く問題ないのだ。

問題は、スピーカーマイクの話し。

まず、エコーキャンセラーを説明せねばならないが、それよりも先に1万円くらいのマイクスピーカーを利用されてる方は、注意して欲しい。

「エコーキャンセラーがサプレッサー方式なので相手が喋っている時は、自分の声が遮られている」

と、思って頂いて良い。

もう一度言うと、

「1万円のマイクスピーカーは、早く捨ててオススメするマイクスピーカーを使って下さい。」本当良くなりますから。

WEB会議・音が遅れる(遅延する)

余談その他番外編

音が良く聞こえない原因として、実は元も子もない話がある。折角、色々整備しても人にはそれぞれ生まれつき聞き取りやすい声と、聞き取り難い声がある。

音と言うのは、肺から出る空気て、声帯を揺らして発っせられるモノであるからして、肺活量が違い、声帯も人それぞれである。しかれば当然マイクに届く空気の圧も変われば声紋と呼ばれる様に特性も異なる訳である。

最後にきて回りくどく言ってはみたが、

早い話が、

「マイクを意識して話せば良い」

人を動かす為に先ず大事なことは、大きな声で話すことに尽きないのだ。

Think in Japan,Made by Global「日本の会議」のために、世界最高の技術によるテレビ会議システムを。

電話またはフォームよりお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ

    0120-275-319
  • WEBからのお問い合わせ

    お問い合わせ・資料請求はこちらから

お客様のニーズ、会議状況を把握したうえで、最適なカメラ、マイク、周辺機器をご提案。「FreshVoice」の音声・
映像品質を最大限に引き出し、ストレスのないテレビ会議運用環境を構築いたします。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議のエイネット「FreshVoice(フレッシュボイス)」はその優れた品質で、5年連続市場シェアNO.1。
その製品情報を詳しくご案内いたします。コスト削減・業務の効率化からBCP対策までを実現。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議システムのエイネット「Fresh Voice(フレッシュボイス)」。
2005年~2013年にて、テレビ会議「Fresh Voice」は9年連続市場シェアNO.1。
官公庁・国立大学など導入実績は安心の4000社以上。
コスト削減・業務の効率化からBCP対策まで。さらには、CO2削減で環境にもやさしいテレビ会議。
無料お見積り・訪問デモを承りますので、お気軽にお問合せください。