FreshVoiceの価格表はこちら

閉じるボタン
cta画像

すぐに役立つ情報を無料でお届け

徹底比較!Skypeと
Fresh Voiceの違い

資料のダウンロードはこちら

ニュース&トピックス最新ニュース&トピックス|不動産取引でも使われ始めるWeb会議

不動産取引でも使われ始めるWeb会議


contract.jpg

オンラインでの会議システムの活用に今いろいろな動きが出ています。特に活性化が期待される不動産の取引について、行政主導で新たな取り組みが始まっているようです。どんな内容なのかご紹介致します。

重要事項説明をWeb会議で

不動産の売買時や賃貸時に必ず行なわれなければならない「重要事項説明」。これにWeb会議を活用しようという試みが国土交通省で行なわれています。

不動産の取引では必ず「重要事項説明」というものが行なわれます。不動産取引は高額な取引ですから、不動産会社は購入予定者に対象物件に関する説明を行なわなくてはならない決まりになっています。宅地建物取引士が用意した書面を購入予定者に対面で交付し、口頭で説明行なうことが法定されています。

この対面交付が必要とされてきた重要事項説明を、非対面でオンラインで行なうことを国が検討しています。まだ実験段階で、今後2年間かけて試行運用される見込みです。

導入検討の理由は「若いネット世代」

こうした試みの背景には、若い世代の存在があります。特に賃貸物件では、主な顧客は一人暮らしの若い世代になります。スマホで何でも行なうネット世代に、いちいち説明のために不動産会社まで呼び出すとなると、面倒に感じる人が増えてしまいます。そうでなくても不動産業界は景気の影響で落ち込んでいる今、少しでも顧客の利便性をよくしようという試みであるといえます。

実用化されれば、パソコンやスマホ、タブレットなどでも専用アプリをダウンロードし、どこでも重要事項説明を聞くことができるようになります。この制度が実現すれば、まずは不動産賃貸の現場が活性化することが期待されます。

まとめ

ネットの発達やweb会議などのインフラが進むことで、これまで当然とされてきたことを根底から覆すようなサービスが出てきています。重要事項説明のように、取引上どうしてもやらなくてはならない重要なことを、よりやりやすい方法で実現するのに、web会議が役に立つことを示す良い例だといえるのではないでしょうか。

Think in Japan,Made by Global「日本の会議」のために、世界最高の技術によるテレビ会議システムを。

電話またはフォームよりお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ

    0120-275-319
  • WEBからのお問い合わせ

    お問い合わせ・資料請求はこちらから

お客様のニーズ、会議状況を把握したうえで、最適なカメラ、マイク、周辺機器をご提案。「FreshVoice」の音声・
映像品質を最大限に引き出し、ストレスのないテレビ会議運用環境を構築いたします。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議のエイネット「FreshVoice(フレッシュボイス)」はその優れた品質で、5年連続市場シェアNO.1。
その製品情報を詳しくご案内いたします。コスト削減・業務の効率化からBCP対策までを実現。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議システムのエイネット「Fresh Voice(フレッシュボイス)」。
2005年~2013年にて、テレビ会議「Fresh Voice」は9年連続市場シェアNO.1。
官公庁・国立大学など導入実績は安心の4000社以上。
コスト削減・業務の効率化からBCP対策まで。さらには、CO2削減で環境にもやさしいテレビ会議。
無料お見積り・訪問デモを承りますので、お気軽にお問合せください。