FreshVoiceの価格表はこちら

閉じるボタン
cta画像

すぐに役立つ情報を無料でお届け

徹底比較!Skypeと
Fresh Voiceの違い

資料のダウンロードはこちら

ニュース&トピックス最新ニュース&トピックス|在宅ライターとして働く人が増え、高額案件もWeb会議で

在宅ライターとして働く人が増え、高額案件もWeb会議で


writer.jpg

増える在宅ライター、クラウドソーシングを背景に

在宅で文章を書いて生計を立てる、ライターという職業を選ぶ人が増えてきました。背景には、ネットで仕事が完結できる、クラウドソーシングという仕組みの発展があります。クラウドソーシングとは、クラウド(群衆)のちからを使って問題を解決する仕組みで、インターネット越しに仕事が完結する課題が集約しています。そこで、文章を書いてほしいという依頼・ニーズを持っている企業や人と、在宅で働きたい人がマッチングして、ライターという職業が成立しやすくなりました。以前は、ライターと言えば紙媒体がメインで、高い文章技術が必要でしたが、クラウドソーシングの登場とWebの発展により、Webライターという職業が登場しました。それほど高い文章力・知識は必要とせず、子育てに忙しく外に働きに出ることができない主婦の方などが、こぞってWebライターとして活躍しています。

単価は、平均して1文字1円程度が多いようです。すばやくタイピングできれば、1時間に1000文字や2000文字打つことも不可能ではなく、時給は跳ね上がります。そうした点や、自由に働く時間を決めたり、通勤の時間がなかったりすることからも、在宅のWebライターは人気の職業になりつつあります。

高額案件も一部にあるが、Web会議が必要

1文字1円と聞くと、安くて肉体労働をしなくてはならないようなイメージがありますが、Webが進化するに従って、高額案件も増えつつあります。中には、1本10万円支払うという企業も登場しており、高い専門性を持ったライターであれば、Webライターは稼げる職業となりつつあります。そこで、高額案件は、Web会議が必須なのです。やはり顔を見なければ高い単価を出せないという企業の考えはもっともで、高額案件には、Web会議の導入が必須になりつつあります。在宅でも高額案件にチャレンジできるため、これからもWeb会議を使ってライターの会議を行う人は増えることでしょう。

Think in Japan,Made by Global「日本の会議」のために、世界最高の技術によるテレビ会議システムを。

電話またはフォームよりお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ

    0120-275-319
  • WEBからのお問い合わせ

    お問い合わせ・資料請求はこちらから

お客様のニーズ、会議状況を把握したうえで、最適なカメラ、マイク、周辺機器をご提案。「FreshVoice」の音声・
映像品質を最大限に引き出し、ストレスのないテレビ会議運用環境を構築いたします。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議のエイネット「FreshVoice(フレッシュボイス)」はその優れた品質で、5年連続市場シェアNO.1。
その製品情報を詳しくご案内いたします。コスト削減・業務の効率化からBCP対策までを実現。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議システムのエイネット「Fresh Voice(フレッシュボイス)」。
2005年~2013年にて、テレビ会議「Fresh Voice」は9年連続市場シェアNO.1。
官公庁・国立大学など導入実績は安心の4000社以上。
コスト削減・業務の効率化からBCP対策まで。さらには、CO2削減で環境にもやさしいテレビ会議。
無料お見積り・訪問デモを承りますので、お気軽にお問合せください。