FreshVoiceの価格表はこちら

閉じるボタン
cta画像

すぐに役立つ情報を無料でお届け

徹底比較!Skypeと
Fresh Voiceの違い

資料のダウンロードはこちら

ニュース&トピックス最新ニュース&トピックス|テレビ会議/WEB会議FreshVoiceをメジャーバージョンアップ

テレビ会議/WEB会議FreshVoiceをメジャーバージョンアップ


freshvoice_v7.jpg

FreshVoiceがこのほど7年ぶりとなるメジャーバージョンアップを行い、コーデックを全面刷新。大幅な性能の向上を果たました。

今回のバージョンアップでは、H.264SVC、 H.264AVCに加えて、オプションでH.265への対応も可能。高画質モードでは従来の最高1080iから1080pでのエンコード/デコードが可能となりました。H.265は今後期待される4K/8Kの標準的なフォーマットです。エイネットは今回のコーデック変更によって、将来的な4K/8Kへの対応も計画しています。

さらに今回、コーデックの全面刷新に合わせ、ARMアーキテクチャーを採用するiOSデバイスへの最適化を行いました。これにより、PC版だけではなく、iOSデバイスの利用時においても、大幅なパフォーマンスの向上を実現しました。iPad利用時はPCと同様に最大16分割の会議参加者表示が行えるようになるなど、使い勝手の向上のほか、iPhone利用時でも、より滑らかな映像や、レンジが広く、途切れのない音声など、クォリティも大幅に向上しています。

ソフトウェアMCUによる安定した通信を特徴としてきたFreshVoiceは、今回のバージョンアップによって、ソフトウェアタイプならではの高機能と相まって、従来の専用機型のテレビ会議システムの多くを性能/機能において上回りました。

Think in Japan,Made by Global「日本の会議」のために、世界最高の技術によるテレビ会議システムを。

電話またはフォームよりお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ

    0120-275-319
  • WEBからのお問い合わせ

    お問い合わせ・資料請求はこちらから

お客様のニーズ、会議状況を把握したうえで、最適なカメラ、マイク、周辺機器をご提案。「FreshVoice」の音声・
映像品質を最大限に引き出し、ストレスのないテレビ会議運用環境を構築いたします。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議のエイネット「FreshVoice(フレッシュボイス)」はその優れた品質で、5年連続市場シェアNO.1。
その製品情報を詳しくご案内いたします。コスト削減・業務の効率化からBCP対策までを実現。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議システムのエイネット「Fresh Voice(フレッシュボイス)」。
2005年~2013年にて、テレビ会議「Fresh Voice」は9年連続市場シェアNO.1。
官公庁・国立大学など導入実績は安心の4000社以上。
コスト削減・業務の効率化からBCP対策まで。さらには、CO2削減で環境にもやさしいテレビ会議。
無料お見積り・訪問デモを承りますので、お気軽にお問合せください。