FreshVoiceの価格表はこちら

閉じるボタン
cta画像

すぐに役立つ情報を無料でお届け

徹底比較!Skypeと
Fresh Voiceの違い

資料のダウンロードはこちら

ニュース&トピックス最新ニュース&トピックス|ZoomやSkype、ライバルはおれど業界全体の発展を願っています

ZoomやSkype、ライバルはおれど業界全体の発展を願っています

ZoomやSkype、ライバルはおれど業界全体の発展を願っています

働き方改革やリモートワークの推進に従って、さまざまなツールも登場しています。
エイネットは平成9年(1997年)創業なので、20年の歴史があり、昔からテレビ会議システムを作っています。

その後、Skypeが登場し、そしてLINEが登場し、Zoomが登場して・・・
市場にはライバルがいっぱい!と思いきや、個人的にそれは喜ばしいことだと考えています。


Web会議の市場が伸びていけば、私たちのフレッシュボイスもその恩恵に預かることができます。

そこで、無料製品だから、ライバルだからと言って敵対心を持つのは、ちょっと違うのかなと思っています。

そもそも、フリーランスの方にフレッシュボイスを勧めるというのも、ちょっと違うような気がしますし、やはりフレッシュボイスの一番のお客様は、
法人やある程度大きなセミナーを開催するにあたって、リテラシーがまだまだな参加者に、URLをクリックしてもらって一瞬で参加できるような、そんな利用者を想定しています。

よって、競合といえばZoomなどがありますが、Zoomとも一緒に伸びていきたいですね。
これまでは、Web会議そのもののニーズがあまりなかったのです。
10年ぐらい前まで、仕事はまだまだ直接顔を見て話すものであり、社員は会社に出社するものであり、子育て中のお母さんはキャリアを諦め、パートをするものでした。
しかし、インターネット越しにでも信頼関係を築けるような関係性ができ、ここ数年でリモートワークの機運が高まり、
子育て中のお母さんも会社の戦力としてカウントされるようになってきたことで、少しずつ、いや爆発的に、Web会議のニーズが増えているのです。

また、クラウドソーシングなどの発達で顔を合わさなくとも仕事が完結するようになり個人でSkypeを使って面談する人も増えました。
つまり、Web会議というマーケットそのもののパイが増えつつあるのです。
これは業界全体にとって良いことだと思いますね。
競合がいないと、伸びませんし、市場原理が適切に働かず不正の温床になってしまいます。

よって、特にSkypeやLINE、Facebookメッセンジャー、Zoomといった競合のサービスたちと切磋琢磨しながら、がんばっていきたいです。
今後共よろしくお願いします。、

Think in Japan,Made by Global「日本の会議」のために、世界最高の技術によるテレビ会議システムを。

電話またはフォームよりお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ

    0120-275-319
  • WEBからのお問い合わせ

    お問い合わせ・資料請求はこちらから

お客様のニーズ、会議状況を把握したうえで、最適なカメラ、マイク、周辺機器をご提案。「FreshVoice」の音声・
映像品質を最大限に引き出し、ストレスのないテレビ会議運用環境を構築いたします。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議のエイネット「FreshVoice(フレッシュボイス)」はその優れた品質で、5年連続市場シェアNO.1。
その製品情報を詳しくご案内いたします。コスト削減・業務の効率化からBCP対策までを実現。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議システムのエイネット「Fresh Voice(フレッシュボイス)」。
2005年~2013年にて、テレビ会議「Fresh Voice」は9年連続市場シェアNO.1。
官公庁・国立大学など導入実績は安心の4000社以上。
コスト削減・業務の効率化からBCP対策まで。さらには、CO2削減で環境にもやさしいテレビ会議。
無料お見積り・訪問デモを承りますので、お気軽にお問合せください。