テレビ会議・WEB会議(ウェブ会議)・TV会議・ビデオ会議「Fresh Voice(フレッシュボイス)」の多様なオプション

テレビ(TV)会議・WEB(ウェブ)会議・ビデオ会議システムのエイネット テレビ(TV)会議・WEB(ウェブ)会議・ビデオ会議システムFRESH VOICE
無料トライアル 資料請求

製品情報
製品情報|FreshVoice(フレッシュボイス)製品オプション 録画・録音

録画・録音オプションをはじめ、会議の模様をリアルタイムで配信できるストリーミングやビデオ映像を共有できるマルチメディア機能など、様々なオプションをご用意しています。これらテレビ会議/WEB会議機能を活用することで、遠隔会議をより充実させることができます。

多様なオプションを用意 - Fresh Voice をより便利に使いこなしていただくために

録画はmp4、wmvなどさまざまな形式で

世の中のWeb会議システムでは、録画こそできるものの、自社独自のフォーマットになってしまって、結局再利用できない!シェアできないし、できても再生できなくて利便性が非常に悪い…ということが起こり得たのです。

規格は非常に大切です。特に多くの標準プレイヤーでスムーズに使えるmp4、wmvなどで録画できるWeb会議システムでないといけません。コンピューター付属のオーディオプレイヤーで再生できますし、必要であればスマホやタブレットに送ってそちらで再生することもできます。

FreshVoice(フレッシュボイス)なら、その点、mp4、wmvなど、使うシーンを想定した形式で録画することができますので、他の端末で再生できない!ということが起こりえません。

PCとサーバー上に録画録音ファイルをストック

  • Web会議の録音データがPCに保存されていることの利点
  • ではその録画したWeb会議の動画。いったいどこに保存されるのでしょうか。
    それは、まず録画を実行したローカルのパソコン上です。オフラインで再生となっても、すぐに立ち上がるように、フォルダ内に保存されています。
    もしも見つからないなら、ダウンロードフォルダに入っている可能性がありますので、そちらを確認してみてください。
    ローカルにWeb会議の録画データが入っていることで、即座に起動させられますし、インターネットがオフラインの環境でもWeb会議の内容を閲覧することができます。
  • さらにはFreshVoice(フレッシュボイス)ならサーバ上に録画データを保管も
  • しかし、ローカルにダウンロードするだけでは何かと不便なことがあります。
    なぜなら、参加していない人にシェアしたり、他拠点のスタッフに会議の動画を見せるといったシーンが考えられるからです。
    そんなとき、FreshVoice(フレッシュボイス)はサーバ上にも録画データを保管してくれます。クラウド上にあがっているので、これならあらゆる場所・あらゆるデバイスから、Web会議の録画データにアクセスすることができるのです。
    リモートで話し合った相手と、シェアする、新人が作成した議事録が完璧にできているか動画で照らし合わせる、そして何より、「言った」「言わない」のいさかいを起こさないエビデンスになりえます。

会議において、この言った言わない論争は非常に多いものです。議事録も、特に新人が作った場合は見落としがあるケースもありますし、電子のドキュメントなら改ざんも可能になってしまいます。

しかし、Web会議の動画をフェイクにするのは非常に困難ですし、ローカルならまだしもクラウドサーバ上にアップされているWeb会議の記録動画なら、まず改ざんは不可能なので決定的な証拠になりえるのです。

Web会議を録画することは、それだけ大きなメリットがあり、動かぬ証拠となるので、サーバに保存されるFreshVoice(フレッシュボイス)はかなり大きな役目を果たしているといえます。これがフリーソフトのSkypeなら、自分でサードパーティ社製の録画アプリを探してこなければなりませんし、シェアするには容量が大きすぎてサーバにアップロードするのも一苦労です。

FreshVoice(フレッシュボイス)がサーバに録画データを保管するという背景には、まず使われることを前提とした徹底した顧客目線があるからなのです。

録画したデータの再利用が注目されている

従来は、Web会議に限らず、会議といえば開催したことそのもので満足するという良くない傾向が特に日本の大企業ではありました。しかし、会議は本来、限られた決裁権者と、起案した人たちが集まって、意思決定を行う場です。

そして、これからは、会議のデータを使って、再利用が注目を集めているのです。先程みたように、会議の言った、言わないだけでなく、クラウド上に保存されているFreshVoice(フレッシュボイス)のWeb会議データを使って、コンピュータが文字起こしをしてくれます。もちろん、まだまだミスはありますが、それでも日々文字起こしの精度が上がっていっています。

少し余談になりますが、コンピュータの自動翻訳・文字起こしが心配であれば、相場より低めの価格で外注に出すこともできます。たとえばブラインドライターズという盲目のライターさんたちが、テープ起こしを請け負っておられます。

一般のライターよりも目が悪い分だけ聴覚が鋭く、かなりの精度で文字起こしをしてくれて、しかも安価でスピーディだと評判が相当良いのです。そうした外注サービスを使えば、自社社員の若手に、ぎこちない議事録を書かせて何度もやり直しさせるよりは、よほど精度の高い議事録が完成するのではないでしょうか。

AI(機械学習)による文字起こしのメリット

AIでの文字起こしに話を戻しましょう。

文字起こしは、機械にかけると、会議をすればするほど機械学習で賢くなっていきます。放置していてもどんどん精度が上がってくるのです。テレビ会議の録画をして解析にかけることでことで、AIが精度の高い議事録を吐き出してくれます。

これなら、恣意的な文言が交じることはありえませんし、議事録担当者が一言一句聞き逃さないために会議そのものに参加できないという現象も起こりません。

そして、重要なことに機械学習によるWeb会議録画の文字起こしでは、多言語対応が可能なのです。ドキュメントを英語や韓国語、フランス語で起こすこともできますので、人力でやるよりもはるかにパフォーマンスが良いのではないでしょうか。

外国語を話す上司に議事録を提出したり、海外支部にWeb会議の中身を送信したりするのに、この多言語翻訳がきっと役に立つことでしょう。

クラウド上にデータが保存されているため、ローカルのパソコンで何かする必要はありません。

AIで学習させればどんどん会議を重ねるごとに精度も増していきますし、何より使っているこちら側が、AIが吐き出した文章に慣れて、読みやすくなっていきます。実はWeb会議とAIは近接領域なのです。

感情分析も可能

さらに、文字に起こした後は、感情分析もできるようになります。

IBMのワトソンなどを使えば、感情を分析することができ、会話ごとのエモーションの動きが手に取るようにわかります。白熱した会議であっても、議事録では淡々としていた、ということ、ありますよね。

そんなときでも、感情分析を行えば、より精度が高い会議のドキュメントが仕上がるというわけです。Web会議+AIで、一瞬たりともエモーショナルな動きを見逃しません。

Googleも感情分析APIを出していますし、Amazon Comprehendもあります。いま、世界中のテック企業がAIに進出し、機械に人間のエモーションを覚えさせようと学習の精度を高めているのです。

録画したWeb会議が活きるシーン

いままで、Web会議システムを録画するといっても、あまり使いみちはなかったのではないでしょうか。しかしAIと組み合わせることで、無限の可能性が生まれるのです。

では、他にどんなシーンが想定されるでしょうか。

たとえば、対顧客のコールセンター。よくコールセンターでは「通話の品質向上のため、お客様との通話を録音させていただいております」とでますが、あの録音データはあまり使われていません。よほどひどいクレームが来て、モンスタークレーマーの顧客が電話越しに大暴れ、ということでなければ、聞き返すこともなくどんどんたまっていくのが現状です。

しかし、Web会議+AIを使えば、今まで捨てていたデータが、ナレッジの蓄積になるのです。機械学習でどんどん覚えていって、レスポンスの精度も上がっていきますし、顧客が何を求めているのかを分析することができます。

カスタマーセンターは、宝の山だと考える企業は多く、顧客からの問い合わせに金脈を感じるビジネスパーソンは多いものです。それは本当にそのとおりで、コールセンターに連絡をしてくるお客様は何かしら改善を求めているわけです。それが企業にとって、次のビジネスのヒントになるということで、コールセンターは貴重なのです。

しかし従来では、オペレーターがWeb会議や電話でヒアリングした内容をコンピュータに打ち込み、その情報を集約して何らかの社内ミーティングが行われていたのですが、そこにAIがはさまればどうでしょうか。

Web会議で録画・録音したオペレーターとカスタマーとのやりとりを即座に分析し、AIが自動で提案してくれるのです。商品の改善点や、要望への応答など、ナレッジの宝庫なのです。

NGワードの検出にも

いままで、Web会議システムを録画するといっても、あまり使いみちはなかったのではないでしょうか。しかしAIと組み合わせることで、無限の可能性が生まれるのです。

そして、オペレーターとカスタマーの通話において、NGワードを即座に検出することができます。たとえば、お客様に「了解しました」はいってはいけませんよね。そこは「了承いたしました」になるはずです。

ただし、新人オペレーターなどは間違いがちです。研修を受けても、100%完璧に研修の成果を覚えているとは限らないからです。そこで、間違った日本語を覚えたまま、何年のオペレーター業務に従事し続けることは、会社にとってもマイナスのイメージとなりますし、オペレーター本人としてもキャリアのためにならないのです。

そんなとき、たとえばAIで録画したデータからNGワードを検出してポップアップが出せるなどの仕掛けを組み込めば、教育にもつながりますし、同時にオペレーターの品質向上にもつながるのです。

また、モンスタークレーマーが暴言を吐いた場合に、いち早くマネージャーがかけつけ、ヘルプを出すことも可能です。

雑談:コールセンターのアイコンは猫が良い?

実はコールセンターには、問題と言いますか悩みがあるそうです。

それが、いたずらの電話が極めて多いということと、オペレーターが女性だとわかると、とたんに高圧的になり、ネチネチと嫌味をいったり、セクハラまがいの性的言動を投げかけたりするというけしからん電話がかかってきます。

そうでなくとも、女性相手に高圧的になる人は多く、そのほとんどが高齢男性であることも明らかになっています。セクハラをしてくるのは10代の少年が多かったというデータもアメリカではあります。

そこで、海外で行われた実験によりますと、コールセンターのオペレーターがWeb会議越しにカスタマーと話をする際、女性のアイコンを使う場合と、男性のアイコンを使う場合と、猫のアイコンを使う場合でそれぞれデータを取ったそうです。

するとやはり圧倒的に嫌がらせ電話が多いのが、女性のアイコンでした。

これは海外であっても、まだまだ女性差別が続いていることが明確になった事案です。ところで、そうした女性のオペレーターだからといって、好き勝手なことを言っている相手に、男性のオペレーターに変わると、とたんにおとなしくなるそうです。

やはり、モンスタークレーマーは、相手を見て、自分より弱い立場の人間に高圧的になることがわかります。さらに、最初からアイコンを猫にしておくと、あまり厳しい発言が少なくなったという調査もあります。

猫や男性のアイコンにできるのであれば、アバターを変更して不快な思いをしないように工夫することも、ひとつの手かもしれません。ジェンダーフリーが進んだ世の中だといっても、まだまだ、女性だといいやすいという価値観は残っているようです。そしてそれは海外であっても日本であっても、同じ現象が起きているのが興味深いところです。

研修を録画して、未参加の人に配布

その他の使い方として、Web会議システムのビデオ録音には、研修を録画するという方法があります。多くの社員、特に若手にとって研修は必須なものの、当日急な出張がはいったり、風邪を引いたりして休むということが起こりえます。

そんなとき、ストリーミングを録画しておけば、同レベル・同クオリティの研修を、座席にいながらにして後日受けることができます。これで、均一な社員教育を施すことができます。

また、昨今はダイバーシティが進み、人権教育が盛んになっています。よって、そうした多様性を受け入れるための研修は、それが大手企業になればなるほど、必須となります。しかし、全社員が一同に同じ研修を受けるのは極めて困難です。多忙な業務の合間を縫って、共有され、保存たビデオを使って、教育を受けることができるようになるのです。

そして中小企業であっても、いつまでも旧態然とした価値観のまま、運営していてはいけないため、人権教育・ジェンダー教育は極めて大切になることでしょう。

何かと教育のシーンで使えるWeb会議の録画

Web会議を録画したいというシーンは多くあるものです。

たとえば大学。大学の授業は、それが毎年同じ講義をしているということもありますが、学生にとっては一期一会の貴重な勉強の機会です。しかしこちらも、何かの事情で受けられなかったりします。さらには、他大学との授業交換をしているケースもありますので、そんなときは、Web会議で大学の授業を録画して、他大学で放送するという方法が使えます。これなら、物理的な距離を気にせず、全国の大学と授業交換できます。

基本的に大学の単位互換や授業交換は、地域の近隣大学での単位互換が多くなりますが、授業を録画するという方法や、そもそもWeb会議でリアルタイムに授業を配信すれば、全国いや世界の大学と授業交換ができるのではないでしょうか。

ただし、大学生は、「録画した授業を見れば良いや」という意識が働きがちですので、出席点を加点するなどの、授業に出席させる仕組みづくりが必要です。

アプリやタブレットでの視聴も

FreshVoice(フレッシュボイス)では、サーバに保存されているので、スマートフォンで再生することができます。スマートフォンやタブレットでサーバにアクセスし、そのまま再生して好きなところをみることができるのです。

これなら、出先や新幹線・飛行機のなか、移動中でも、会議の確認ができますし、AIで重要な部分だけをピックすることができれば、より移動時間を効率よく使うことができます。このように、サーバに保存するというFreshVoice(フレッシュボイス)の機能は非常にスマートかつ合理的で、利便性の高い機能なのです。

iPhoneで録画したWeb会議の再生ができると、ワイヤレスイヤホンのAirPodsと合わせて使えばほとんど手ぶらで会議の確認ができます。メモを取りながらでも良いですし、資料を作りながらでも打ち合わせの内容を確認することができるので、とてもストレスなく仕事ができます。iPadなどのタブレットも同様で、仕事がはかどることは間違いありません。

FreshVoice(フレッシュボイス)ならセキュリティも完璧

FreshVoice(フレッシュボイス)は基本的に、オンプレミス型といって、インストールするタイプのWeb会議になります。よって、クラウド型よりもセキュリティ面で優れており、同時にサーバに保存された録音・録画ファイルも完全に守られています

会議はとても重要な会社の機密事項が詰まっていますので、録音・録画ファイルを完璧に守ることはとても重要なこととなります。エイネット社のセキュリティ技術を使って、ファイルを守っていますので、大切な大切な会議の資料が漏洩することはありません。

セキュリティ面を考えると、あまりローカル、つまり自分のパソコンにWeb会議のデータを保存しないほうが良いかもしれません。なぜなら、パソコンを紛失したり、パソコンそのものが破損したりするリスクがあるからです。

また、動画データはとてもデータ量が大きくなります。数時間に渡る会議を録音・録画すると、とてつもないデータ量になりパソコンを圧迫します。容量も非常に食いますので、他の仕事の邪魔にならないよう、あまりローカルに保存することのメリットはないかもしれません。

いまはインターネット回線・社内の無線LANも大変スピードが早いですので、サーバ上の録画を参照するという仕事の仕方でも、特に問題は無いのではないでしょうか。

さまざまな録音の利用用途がありますし、これまで捨てていたデータに無限のポテンシャルがあるのです。

  • 電話またはフォームよりお気軽にお問い合わせください。
0120-275-319お問い合わせ・資料請求はこちらからお問い合わせ・イメージ

FreshVoiceの機能をさらに充実させるためのオプションの紹介ページです。WEB(ウェブ)会議、テレビ(TV)・ビデオ会議システムなら「FreshVoice」のエイネット。オンラインでのインターネット遠隔会議を活用すれば、社内コストの削減・業務効率化実現することができます。
パソコン(PC)さえあれば簡単な操作で高品質音声&映像のサービス提供と安心サポートをお約束致します。ここでは製品情報はもちろん、利用シーンや導入事例等も多くご紹介しています。
サーバー導入型、SaaS型など、様々なプランをご用意しておりますので、機能や仕様、メリットはもちろん、月額料金や価格についてもお気軽にご質問ください。無料お見積り・資料請求・訪問デモ承ります。
2005年~2015年にて、テレビ会議「Fresh Voice」は9年連続市場シェアNO.1※。 官公庁・国立大学など導入実績は安心の4000社以上。
※オンプレミスタイプ:富士キメラ総研調べ

このページの先頭へ


Web会議ホーム
製品一覧
メッセージ
サポート体制
導入実績
ニュース&トピックスTOP
Web会議お役立ち情報
  • WEB会議入門TOP|Web会議とは
  • Web会議とは?
  • WEB会議システムを徹底比較
  • WEB会議システムの選び方
  • 導入事例で学ぶWEB会議活用術
  • 用語集
  • お問い合わせ
    よくある質問
    言語
  • English
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • その他
    関連サイト
    anet
    〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町3-23 スタウトビル3F TEL. 03-3862-5402

    Copyright (C) Anet, Inc. All Rights Reserved.