SmoothWeb コラボレーションプラットフォーム

  SmoothWebのSaaS/クラウド型プラットフォームは中小企業および大企業の共同作業に最適です。

HOME > 共同作業 > 概要

SmoothWebのコラボレーションプラットフォームは、会議の管理、スライドショーの表示、ムービー/アニメーションのコントロール、ドキュメントや他のリッチメディアコンテンツの共有が行えます。これにより、PCやタブレット、スマートフォンなど、オンライン上で共同作業するのに必要なすべてのツールを有効に活用することが可能です。 様々なタイプのメディアをバーチャルにアップロードして、保存、管理、共有、さらにそのコンテンツをウェブサイトやソーシャルメディアネットワーク上に公開することができます。 ダウンロードやインストールなどの作業は一切不要。いつでもどこでもクラウド上でサインアップし、ログインするだけです。


ビジネスでも、eラーニングでも、クラウドベースの共同作業システムを持つことには大きなメリットがあります。

 グローバルコラボレーション


世界中のどこからでもアクセスすることが可能です。参加許可のレベルを調整することで、コアなチームメンバーはもとより、外部からの参加者であっても受け入れることができます。 これによって、機密情報を共有するときにも、安全性を確保することが可能です。 eラーニングにおいては講師が生徒にアクセス権を与えて、学習教材へのアクセスやほかのグループの異なった学習方法を閲覧したりできるようにもできます。


 全ての書類や情報をひとつの保存場所に


クラウド上に最新のプロジェクト状況を保存するだけでなく、チームメンバーはプロジェクト上の変更箇所やバージョンを知ることができます。


 ソース管理の柔軟な選択肢


モジュラー型のクラウドサービスではクラウド上のコンテンツ管理の方法に多くの選択肢があります。ユーザーグループやプロジェクトに必要なアプリケーションを加えたり、削除したりすることができます。

 拡張ソリューション


ユーザーの状況に応じた柔軟な拡張性によって、初期の投資よりも運営費を中心としたビジネス展開が可能です。必要に応じてアプリケーションやプレミアムサービスを追加することができます。同様にプロジェクトが小さくなった場合は縮小することもできます。

 いつでも、どこでも必要な情報にアクセス


プロジェクトが大きくなるにつれて、いくつもの違った場所やバーチャル空間からのアクセスが必要となります。この場合チームはアップデートされた書類の内容をすぐに把握する必要があります。SmoothWebでは、それがリアルタイムで可能です。






エイネットFreshVoiceのサイトへ