Web会議の基礎知識

更新日:2021.10/15(金)

テレワークや在宅勤務中の私用外出には非常に注意!

テレワークや在宅勤務中の私用外出には非常に注意!

在宅勤務でテレワークをしている場合、私用で外出したいというニーズが生まれることだろうと思います。
何か銀行や郵便局にでかける用事や、少し息抜きで散歩でもしてきたいという気分転換、
また家族が体調を崩して、どうしても晩御飯の買い物に行ってほしいと頼まれた場合・・・
そんな在宅勤務での私用外出はとても気をつけなければなりません。

労災との関係があるため、注意が必要

基本的に在宅勤務の場合は、9時から17時半など決められた時間中はパソコンの前にいなければなりません。
そして、17時半を超えた場合に超過勤務手当、すなわち残業代が支払われる取り決めなのでしたらなおのことです。
残業代が支払われる場合は、業務時間中も残業時間中も、私用で外出するのはやってはいけないことになります。

会社ごとにルールは異なりますが、在宅勤務の時間は私用外出を禁じてる会社もあります。
それは管理をしたいというよりも、労災の面からです。
通常、会社帰りにスーパーに立ち寄り、そこで交通事故にあったり何かケガをした場合に、
労災が適用されるかは非常に微妙なところになります。

労災は、業務期間中の災害をすべて補償するものですから、在宅勤務中にも当然適用されます。

必ず連絡をすること

もしどうしても私用でパソコンの前を離れて家からでなければならない場合は、上司に連絡を入れる必要があります。
いつからいつまで、どのような場所へ、なぜ私用で外出するのかを明記し、許可を得ましょう。
テレワーク中に勝手に外出することは、顔が見えないので信頼関係がベースの在宅勤務の信頼性を損ね、自分自身が損することにつながります。

Web会議で招集をかけられてもパソコンの前にいない、ということが続けば、あなたのテレワークは失敗となってしまいます。
最低でもスマホは持ち歩いて、今どこにいるのかは必ずわかるようにしておきましょう。

なにより私用外出は基本的にNGとなります。

関連記事