Web会議フレッシュボイスTOP > Web会議入門 > Web会議を快適に使う > 会議の進行をスムーズにするためのマイクやスピーカーの紹介
pixta_37896666_M

会議の進行をスムーズにするためのマイクやスピーカーの紹介

会議の進行をスムーズにするのは、盲点かもしれませんがマイクやスピーカーがとても重要になります。 では、まず良いマイクとはどのようなものでしょうか。

Web会議で使う際、良いマイクの条件

良いマイクとは、音質が非常に良いマイクということです。そのためには、「インピーダンス」「感度」「周波数特性」が優れていなければなりません。 この3つは、マイクの性能をチェックする上で欠かせない数値です。 Web会議ではとくに、音割れすることがありますので、あまり安いマイクは使わないほうが無難です。しかし高いからといって、良質なマイクとは限らないので注意が必要です。ではこの、インピーダンス、感度、周波数特性とは、どのようなものでしょうか。

3つのポイント

  • ・インピーダンス:抵抗のことで、これが高いとノイズになります。
  • ・感度     :数字が大きくなるほど拾える音の具合が悪くなります。
  • ・周波数特性  :拾い上げた音の認識力を数値化したものです。
つまり、この3つの状態が優れていればいるほど、マイクとしての性能が高い、ということになるのです。 覚えておいてください。マイクを買う際の基本的な常識といいますか、基礎知識として、この3つの情報を知っておきましょう。

お勧めするマイクの値段の目安

安いものでは1,000円からありますが、ビジネスには不向きなケースも多いため注意して下さい。 やはり安定した多地点Web会議を行うには、マイクの性能が欠かせません。 複数の拠点でそれぞれの音をきれいにWeb会議で流すには、この3つの要素を兼ね備えた高品質なマイクを使いましょう。 値段の目安は、1万2千円〜2万円程度で良いのではないでしょうか。 Web会議システムは支店ごとに1アカウント持つことがほとんどなので、マイクはひとつでもかまわないのです。それなら、経費で少し良いマイクを買ってしまうことをオススメいたします。

良いスピーカーの条件

そして、スピーカーの品質も忘れてはいけません。 実はスピーカーはマイクと異なり、基本的な機能がついていればどれも同じだといわれています。 では良いスピーカーとはどのようなものか。それは、設置場所が適切であること、なのです。 きちんと音が反響する位置に設置してあるか、拍手をしてみて、音が正しく反響するかなど、正しい位置に置くようにしてください。 スピーカーを置いて、座る位置で手を叩いてみて、周りの全体から音がなったように感じる場合は、場所がずれています。正しい反響は、手元で音がなったかのような反響になりますので、それらに注意しながら、設置してみてください。

スピーカーは品質よりも設置場所。 それを覚えておきましょう。たしかに、スピーカーに凝りだしたら無限に値段は高くなりますしきりがありません。そんな中、スピーカーの品質というよりも設置場所、ということを聞いて、すこし安心されたのではないでしょうか。 音を聞くだけなら、正直言ってパソコンについてくるスピーカーでも、1,000円のスピーカーでも特に問題はありません。 しかし場所には気をつけてください。特に会議室でWeb会議を開く場合、声がハウリングしないように、少し遠目に置くのがおすすめです。 ぜひともスピーカーの場所をまずは設置して、手を叩いてみてください。 それで簡単に、設置場所があっているかあってないか、確認することができるでしょう。

まとめ

スピーカーにお金をかけるよりも、マイクにお金をかけるのが理想です。スピーカーはパソコンにも内蔵でついていますが、マイクはついてないからです。ぜひ、マイクにお金をかけてみてくださいね。会社の経費でも節約するところは節約して、上手にWeb会議を実施しましょう。今回の記事を参考にしながらマイクとスピーカーを揃えれば、Web会議の準備は整います。

banner728×200WEB会議にはこんなに危険があるのをご存知ですか?不用意な選択は大変なことに!

エクセル比較表ダウンロード

【Web会議システム比較表】 エクセルの比較表だから今すぐ使えます
テレビ会議・Web会議システムの新規導入、リプレイス検討に役立つWeb会議システムを比較したエクセル比較表をダウンロードできます。部署内での共有でも役立ちます。

関連コンテンツ