Web会議フレッシュボイスTOP > Web会議入門 > Web会議を快適に使う > ハンドマイクを使用して大画面でテレビ会議を開催しよう
pixta_37355065_M

ハンドマイクを使用して大画面でテレビ会議を開催しよう

セミナーや講習の場合、ハンドマイクがオススメ

セミナーや講義・講習、授業タイプの大人数での会議の場合は、ハンドマイクをつかってのテレビ会議がおすすめです。 セミナー会場はガヤガヤしていますが、騒音があっても使用することができるのが、テレビ会議の特徴です。人数が多くて大規模な会議を行ないたい場合は、ビデオカメラ、大型スクリーンモニタ、スピーカー、ハンドマイクなどの設備が必要です。ビデオカメラで議長を写し、大型スクリーンモニタで手元の資料を写し、スピーカーで会場には音声を流し、ハンドマイクで質疑応答の質問者に質問をしてもらうという流れです。それぞれの音響機材をそろえるには結構なコストがかかりますが、YAMAHAのYVC-1000に代表されるような、ハンドマイクが接続可能で、エコーキャンセラーなどの機能を標準で搭載したテレビ会議専用の一体型音響システムを使えば、場所も取らず、コスト面でも有利です。 なお、会場が広い場合は多人数の聴衆の中で質問をしていくのに、マイクが移動しますから、有線だと使いにくいので無線ハンドマイクのほうが便利な場合もあります。

役員会議場などに最適なハンドマイク方式

役員会議室などのコの字型になった会議室などにも、ハンドマイク式の音響セットは最適です。各々が発言する際は、マイクを回して、発言してもらいます。ハンドマイクは集音効果も高いので、それほど大きな声をださなくとも会議室に声が響きますし、Web会議を通じて先方に声も届きます。 また、同様にセミナー会場での質疑応答にもハンドマイク方式は有効です。質疑応答で順番にセミナー席の参加者の間を、マイクを持ったスタッフが移動して質問を行います。答えるセミナーの司会者・講師は、固定式のハンドマイクで応答を行います。それをWeb会議システムでつなげば、遠隔地でもセミナーに参加した気分が味わえて、その場にいない人にも、セミナーの講義のライブ感を味わってもらうことができるでしょう。大人数での会議にも、テレビ会議システムは有効なのです。 banner728×200 WEB会議にはこんなに危険があるのをご存知ですか?不用意な選択は大変なことに!

エクセル比較表ダウンロード

【Web会議システム比較表】 エクセルの比較表だから今すぐ使えます
テレビ会議・Web会議システムの新規導入、リプレイス検討に役立つWeb会議システムを比較したエクセル比較表をダウンロードできます。部署内での共有でも役立ちます。

関連コンテンツ

  • Web会議とは? オンラインセミナーでも大活躍!

    Web会議を活用してオンラインセミナーを開催すれば、日本全国の人を対象にセミナーが開催出来るため、非常に強い集客力があり、オンラインセミナーで主催するセミナーは増加しています。

  • 薬品会社でもWeb会議を積極利用

    薬品会社、化学薬品会社は地方に研究所を構える場合が多く。研究所とのコミュニケーションをするために、Web会議・テレビ会議を利用されています。

  • テレビ会議&Web会議、使いこなすのは難しい?簡単?

    従来型のテレビ会議は操作が難しい事とセットアップも必要です。Web会議であればソフトウェアを起動するだけなので非常に簡単です。

  • 全社会議にWeb会議が最適、全社会議のコツ

    縦割り組織の場合は、全社会議は難しい!? 事業部制になっており、縦割りの組織で何回層も組織が連なっている会社の場合、 全社会議を効率よく行うのは非常に困難です。 ですが、横並び型で、社長の直下に多くの部署が連なっている場合、Web会議を使えば、全社会議に最適です。

  • テレワークの低コスト実現に強い味方。無料Web会議ツール5選

    テレワークには様々なメリットがありますが、導入にあたっては手間や費用がかかるのも事実です。また、社員同士のコミュニケーションの質がこれまで通り保てるのかは、企業にとって大きな課題です。これらの課題解決の助けとなりうる、無料で利用可能なWeb会議ツール5つをご紹介します。

  • Web会議システムのネットワーク環境を見直して、快適な会議を!

    Web会議システムを導入したけれど、うまく会議が進められないという場合は多いです。これは、ネットワーク環境に問題がある場合があります。Web会議システムとネットワーク環境について説明します。