Web会議の基礎知識

更新日:2020.10/23(金)

スマホから複数人でWeb会議するには?

スマホで1対1で話すならlineとかフェイスタイムなどで

スマホを利用して1対1で話すだけなら、lineやフェイスタイムなどが便利です。

lineはご存知の方も多いと思いますが、line株式会社が提供するソーシャルネットワーキングサービスの一つです。スマホなどにアプリをダウンロードして利用します。特定の相手とチャットのようなやり取りや、ネットに接続して相手の顔を見ながら話せる、ビデオ通話機能を備えていることが特徴です。

フェイスタイムはアップル社が開発した、ビデオ通話用のソフトウェアアプリケーションです。こちらは主にiPhoneやiPadに、標準で備え付けられている機能です。lineと同様にビデオ通話が出来るので、非常に便利なアプリの一つになります。

両方のアプリのビデオ通話の使い方を簡単に説明します。

最初にlineの方ですが、主に二つのやり方があります。一つ目はトークルームから電話する方法です。これはトークルームから電話のマークをクリックして、その後に相手が電話に出るのを待てば完了です。次に友達リストからですが、こちらは友達リストからビデオ通話という項目を選択すれば完了となります。どちらも非常に簡単なので試してみて下さい。

フェイスタイムも相手の連絡先に、ビデオ通話のマークがあるので、それをクリックするだけで利用することが出来ます。両方とも一対一でしか利用できませんが、無料で簡単に使えるのが利点です。

スマホから複数人でWeb会議するには専用のアプリが必要

個人的なやり取りなどを一対一で行うには、前項で紹介したようなアプリで充分でしょう。しかし、企業で会議を行う場合、複数人でするということが多いと思います。そんなときに活躍するのが、複数人のスマホでのWeb会議にも対応した専用アプリです。

各社からいくつかのものがリリースされていますが、有料から無料まで、多種多様なタイプが存在します。主な特徴に基づいてカテゴリー分けすると、完全に無料で利用できるタイプ、お試し版は無料で本格的に利用するには有料になるタイプ、最初から有料の三つのタイプがあります。
これらのタイプはそれぞれに長所と短所がありますから、自社にあったものをしっかりと見極めて導入することが大切です。

その特徴をもう少し詳しく説明すると、有料タイプのアプリは機能がしっかりとしているものが多いです。例えば大多数のWeb会議に対応していたり、通信が安定していて使いやすかったり、その他独自の便利な機能を備えている場合もあります。

無料の場合は逆に人数制限があったり、通信が不安定で落ちてしまったり、機能が限られているものが多くなります。料金が無料というのは大きく惹かれるところですが、無料アプリだけでは、しっかりとしたWeb会議をするのは難しいといえるでしょう。
複数人でスマホを使ってWeb会議を行うなら、有料版のアプリ利用がおすすめです。

フレッシュボイスでスマホから多拠点会議に参加する

フレッシュボイスは複数人でWeb会議を行う場合におすすめのアプリの一つです。初めてのリリースが2003年と歴史があり、これまでに導入した企業は4000社以上と実績も豊富です。導入は一般企業から、大学などの公的機関にまで広がっています。これは信頼性の高さと、使いやすさが評価されている証です。

iPhoneなどのスマホに対応しながら、最大200拠点を同時接続できるので、中小企業はもちろん、大手企業も問題なく利用することが出来るでしょう。もちろん、これまでのノウハウを活かして、高いセキュリティ対策もしっかりと施されているようです。

気になる利用料金の方は、一つの拠点につき3000円からと、業界の中でも低価格に設定されています。Web会議の録音や録画が出来たり、デスクトップやドキュメント共有などの便利な機能がついていることも嬉しいところです。
このように総合的にみて非常に優れたアプリなので、スマホでWeb会議を考えているなら、フレッシュボイスは有効な選択肢の一つとなりそうです。

Web会議比較表ダウンロード

エクセルの比較表だから今すぐ使えます!
テレビ会議・Web会議システムの新規導入、リプレイス検討に
お役立てください。部署内での共有でも役立ちます!

関連記事