Web会議の基礎知識

更新日:2021.05/26(水)

ユニファイドコミュニケーションとは!? わかりやすく解説します

ユニファイドコミュニケーションとは?!

ユニファイドコミュニケーションという言葉を聞いたことがあるでしょうか!?それほど世間に浸透している言葉ではないと思われます。ですが、ユニファイドコミュニケーションとは、さまざまな通信サービスを統合することをいいます。

チャット、電話、ビデオ通話、音声認識サービス、コールの制御などのリアルタイム通信があります。メール、ボイスメール、ショートメッセージ、ファックスなども、ユニファイドコミュニケーションの非リアルタイム通信の仲間です。統合された製品で、複数のデバイスをまとめて、構成されています。

コミュニケーションをトータルでサポートし、統合していくことが目的の概念です。プロセスを最適化し、応答時間を短くすることも、目的のひとつとされます。
ユニファイドコミュニケーション(UCと訳す)は、リアルタイム、非リアルタイムのコミュニケーションの入り口、と捉えると理解がスムーズになるでしょう。

Web会議とは、ユニファイドコミュニケーションのひとつです

Web会議は、ビデオ通話・テレビ通話、音声認識、メール、コールの制御、チャット、電話、ショートメッセージ、ファイル送信など、さまざまな機能が搭載されていることはご存知だと思います。つまり、Web会議システムは、ユニファイドコミュニケーションのひとつなのです。

オンラインで受け取ったボイスメッセージに、ビデオ通話で応答することもできれば、メールの通信でやってきたものに、ショートメッセージで返信することもできる多機能なシステムがWeb会議です。非常に便利な機能が多機能として搭載されており、使い勝手がいいのが特徴です。

統合したコミュニケーションが取れるのは、Web会議だけ!

メールはメールで返事する必要がありますし、電話とは別の機能です。また、LINEはスマホや携帯だけしか使えませんが、Web会議システムであれば、それらをまとめて一度に使うことができます。

統合されたソリューションとしてのユニファイドコミュニケーションが可能となるのが、Web会議の特徴なのです。便利なWeb会議システムをぜひ使ってみてください。

そもそもユニファイとは?

ユニファイドは、ユニファイの過去形だってご存知でしたか? unify= 一つにする,単一化する,統一[統合]する、ということでIT用語では、上記のユニファイドコミュニケーションとして使われるように、音声、映像、文字情報の統合されたコミュニケーション手段、という意味になります。

ユニファイとは、何々を統合する。と覚えた方が良さそうですね。Unified Communications(UC)に関して言えば、IPプロトコルによって統合された(統一された)コミュニケーションツールなので、ユニファイを語源に使ったのだと考えられます。

Web会議比較表ダウンロード

エクセルの比較表だから今すぐ使えます!
テレビ会議・Web会議システムの新規導入、リプレイス検討に
お役立てください。部署内での共有でも役立ちます!

関連記事