maxresdefault-1038x576_a

WEB会議に適したマイク・スピーカーの選び方

【WEB会議に適したマイク・スピーカー選び】

WEB会議を導入したものも、効果的な運用ができていないといったお客様が少なからずいらっしゃいます。 お話を伺うと、「通話相手の言っていることが聞き取れない」、「声がブツブツと途切れてしまう」といった、 音声に関わるトラブルが多いようです。

相手の顔が見えても、何を言っているかわからなければコミュニケーションは成立しませんよね。 WEB会議において音声の品質は非常に重要です。WEB会議に使うソフトウェアはもちろんですが、マイク・スピーカーの性能も音声の品質に影響することはご存知でしたか?今日はWEB会議に使うマイク・スピーカーについてお話ししたいと思います。

【利用シーンを考えた集音範囲とは】

複数人で会議を行う場合、テーブルに設置したマイクからの半径を考え、音が拾えるかどうか?という範囲をマイクからの半径で示したものが集音範囲となります。集音範囲は、機種ごとによって異なるので製品情報を確認し、多人数を想定する場合は、マイクの連結は何個までか? 最大何名の集音が可能かもチェックすることをしましょう。また、部屋の大きさやパソコンからの距離に応じて付属のケーブルがどの程度であるか、給電する方法がバスパワー駆動するか?などもチェックの項目になります。利用シーンに合わせた十分な性能のマイクスピーカーを用意して快適でクリアーな明瞭音声を実現しましょう。高性能なものは設定も複雑になります。簡易な操作で取り扱えるものを選択することも重要です。

WEB会議用のマイク・スピーカーには、エコーやノイズといった通話相手に聞かせたくない余計な音をキャンセルする機能が搭載されています。これらは、快適に会議を行う上ではとても重要で、多人数になればなるほど、この問題は難しくなります。

【ノイズキャンセル・ノイズリダクションとは】

室内には、ノイズ、つまり人間の耳にも聞こえる可聴周波数で、定常的なノイズが多数あります。クーラーの音やファンの音、窓の外を通る車の往来の音。これらを定常的なノイズと検知してその周波数を消す処理を行うことをノイズリダクション、またはノイズキャンセルと言います。

マイク・スピーカーが音声の品質に影響する理由は、エコーやノイズをキャンセルする機能の性能がメーカーごとに異なるためです。例えば、エコーをキャンセルする機能には大きく二つの方法があります。

【エコーキャンセル・エコーキャンセラーマイクとは】

ハウリングと間違えてしまう、エコー。アコースティックエコーとも言いますが、自分の喋った声が数秒遅れで聞こえる、こだまのような現象です。相手のスピーカーから出力された音が、もう一度マイクに戻ることで発生する現象です。不快な音を聞かせないためには、このエコーをカットするのがWeb会議の音質向上の第一歩です。

周りにいる人が指摘できればいいのですが、そもそもエコーの発生源がどこであるのかは、多人数で会議を行なった場合、ミキシングされた音声から発生源を特定するのはこんなんです。複数拠点で会議している場合、まずは全拠点でマイクミュートを行いそれから、原因拠点を追求するので、そもそもこの時間食い虫は、根っこから解決した方が良さそうですね。スムーズな会議、快適な会議は、エコーキャンセラーが必須と考えても間違えなさそうです。

【エコーサプレッサー方式とは】

一つはエコーサプレッサーと呼ばれるもので、通話相手の声がスピーカーから再生されている間はマイク をミュートする方法です。安価な端末によく搭載されていますね。トランシーバーのように通話相手とは交 互に話すことしかできないと理解しましょう。

エコーサプレッサーのスイッチがONになっている間は何を言っても通話相手 に伝わりませんし、ON/OFFが頻繁に切り替わることで声がブツブツと切れる現象も起きます。発言のタイ ミングが難しく、会議の空気も感じにくいので活発なコミュニケーションには向きませんね。

また、ちゃんとした正規の発声もカットされてしまうので、コミュニケーションが極めて取りづらいのです。 交互に、なんらかの合言葉を決めて発話すればいいのかもしれませんが、Web会議には向いていません。 Web会議はもっと、自由闊達に意見を述べるものではないでしょうか。

【対応型エコーキャンセラー方式とは】

もう一つの方法は対応型エコーキャンセラーと呼ばれるもので、マイクが拾った音からエコー成分だけを 自然にキャンセルするのが特徴です。エコーサプレッサーとは違いマイクをミュートする必要がなくなる ので、活発なコミュニケーション向けの機能といえます。

エコーキャンセラーを搭載したマイク・スピーカーなら電話のように双方向の会話ができますが、性能の 低いものは相手に届けたい声の成分までキャンセルしてしまい、人間らしくない声になる、水の流れる音 がするといった、音声のトラブルが起きる場合があります。

音声の問題は非常に大きく、Web会議においては、コミュニケーションの基本となります。 いくらカメラが高性能だからといっても、音声でコミュニケーションをとるので、エコーキャンセラーの機能は重要です。 ここをケチると、結果として会議のクオリティが下がってしまいます。また、マイクスピーカ側でエコーをキャンセル機能 を利用する場合は、ソフト側のエコーキャンセルをoffにすることをお忘れなく。両側でエコーを除去すると音声が波打 った状態になる場合もあるからです。

ヤマハのシリーズは、音声に関するトラブルやストレスを最小限に抑え、WEB会議を効果的に運用できるマイク・スピーカーの一つです。音声のトラブルにお困りのお客 さま、より効果的にWEB会議を運用したいというお客様には、ぜひお試し頂きたい弊社一押しのWEB会議用のマイク・スピーカーです。

web会議システムに適切なマイク・スピーカー

【保存版】Web会議で人気のマイクスピーカー、スピーカーフォン・ヘッドセット・カメラを一挙ご紹介

2018年度、エイネットが選ぶ、周辺機器はこれだ! と題して2018セレクトをご紹介します。

Web会議は音質や映像が重要だった!性能のよい機器を使うとどんなメリットがある?

遠隔地にいる社員やクライアントともスムーズにコミュニケーションができるのが、Web会議のメリットです。Web会議の場合、相手の声や姿を音声や画像で確認することになりますので、使用する機器の性能は予想以上に重要です。実際、音質や映像画質のクオリティにこだわって機器を選ぶと、いろいろなメリットがあります。

例えば、映像画質がアップすると、会議の中で使用するデータや資料などをメンバー全員がよく確認できるようになります。クオリティの高い映像を表現できるカメラなら、映る人のイメージもよくなるでしょう。また、音質が上がればお互いの声を聴きとりやすくなりますので、説明がスムーズに伝わります。 Web会議は、実際の対面型会議と同じぐらいの生産性とクオリティを求めるのであれば、カメラとマイクにもこだわるべきです。 最近のノートパソコンには、Webカメラが最初から上部についています。しかし、そのクオリテイはいまいちです。 お金をできる限りかけたくない、ないしは、シンプルなビジネスライフを追求していてガジェットのたぐいはあまり持ちたくないというのであれば別ですけれど、基本は高性能のマイクとカメラを購入し、セッティングするのが理想的です。

音質に優れるマイクやスピーカーを使用した場合は、実際に場を共にしているような臨場感が得られるため、遠隔地にいるメンバーとのコミュニケーションもはかどります。 また、映像や音質にストレスを感じないため、目の前の会議に集中できるのです。 「没入感」が生まれるので、集中力が高まって、より生産性の高い会議が可能になります。

スピーカーフォンのおすすめ3選

おすすめのマイクは他にもあります。サンワサプライ(SUNWA SUPPLY)、ClearOne、Jabra、Revolabsなどですが、エイネットでテストを行い、現在おすすめできる製品はヤマハ製品です。 現在その上位機種であるYAMAHAの「ユニファイドコミュニケーションマイクスピーカーシステムYVC-1000」です。2014年5月に発売されたこちらの製品は、8名から40名の中規模の会議に対応できるのが特徴になっています。追加マイクをチェーン式に連結できる他、外部入力マイク端子を用いて、ハンドマイクやワイヤレスマイクの接続が、ライン入力で可能になりました。YAMAHAの技術を駆使した適応型エコーキャンセラー機能を備えているのが1つのポイントで、自動的に最適な音声に調節してくれるのが魅力です。

yamaha_001 (1)

マイクとスピーカーをそれぞれ別に用意しているため、臨場感のある会議が実現します。パスコンやスマホ、タブレットなどさまざまなデバイスで使用ができる人気のあるタイプです。 ヤマハはバイクやピアノのメーカーでもありますが、マイクとスピーカーのクオリティも一級品です。 ベースとなる技術力が極めて高い会社なので、信頼もおけます。

2つ目に挙げられるのが、同じYAMAHAから発売されている「ユニファイドコミュニケーションスピーカフォンYVC-300」です。この製品の場合は、4名から6名の小規模な会議に適しています。こちらもいろいろなデバイスに接続が可能で、音声の調整もお任せできます。おすすめの3つ目は、サンワサプライの「WEB会議小型スピーカーフォンMM-MC28」です。

最後にご紹介するのが、YVC-200。こちらは、バッグの中にも楽に入る小型の製品であり、持ち歩きができるのがポイントです。Skypeなどにも対応していますので、いろいろなシーンで活躍してくれます。 最近は、カフェやコワーキング・スペースで働くノマドワーカーの人が増えてきました。 なかには、海外を飛び回りながら働くグローバルノマドの方々も。 そんななか、持ち運べるこのYAMAHAのスピーカーフォンは、コンパクトで活躍するシーンが多いのではないでしょうか。

【推奨マイク・スピーカー(2018年11月現在)】
 ・YAMAHA YVC-1000(右)  120,000円前後   高品質・高価格・外部マイクスピーカ接続可能、10人〜

 ・YAMAHA YVC-300(中央)  50,000円前後   高品質・高価格・〜6人規模向き

 ・YAMAHA YVC-200(左)  30,000円前後   高品質・高価格・Bluetooth接続可能、〜4人規模向き

ヘッドセットのおすすめ2選

会議中の音声をしっかりと聞き取る上であると役立つのが、性能のよいヘッドセットです。例えば、サンワサプライの「マルチメディアPCヘッドセットMM-HS509NCN」などは、使いやすい製品の1つです。雑音を防ぐノイズキャンセル機能が搭載されているため、その場のノイズに影響されずに音声を伝えられるのがメリットです。

こちらは、ヘッド部分を両耳に装着するタイプになっていますので、安定感に優れており、しっかりと音声を聞き取ることができます。また、プラントロニクスの「片耳・耳掛けタイプ有線ヘッドセットHW530」は、アクティブなWeb会議でも重宝するヘッドセットと言えます。軽く取り外しがしやすいため、必要に応じて楽に装着や脱着ができます。この製品も、余計なノイズをカットする機能がついています。

このふたつが、ヘッドセットのなかではおすすめです。 なんと、マルチメディアPCヘッドセットMM-HS509NCNは、アマゾンで1000円ちょっとで購入できてしまうというコスパの良さです。 なんと2018年9月現在、Amazonレビューが極めて悪いのですが、実際に使ってみたところ、こちらはクオリティが高く、一押しかと考えられます。

【推奨ヘッドセット(2018年11月現在)】
 ・ELECOM HS-NB05USV(USBタイプ) ¥3,530 (税抜)
 ・Logicool H340R(USBタイプ) ¥3,380 (税抜)


カメラのおすすめ3選

Web会議の臨場感を盛り上げてくれそうなのが、例えばロジクールの「B910」です。こちらは、500万画素という性能を備えており、オートフォーカス機能も搭載されています。画像は自然なHD画質で、コミュニケーションをする上でのストレスが少ないのが特徴です。

また、ロジクールの「C930e」は、90度の視野角から会議室を撮影することが可能です。撮影できる範囲が広いため、資料を使った説明なども円滑に進む可能性があります。また、バッファロー社の「BSW200MBK」の場合は、120度の広視野角レンズを搭載しています。角度の調節がしやすく、撮影したい場所に合わせて自在に向きを変えられるのが便利な点です。ステレオマイクを内蔵しており、マイク機能も備えています。

【推奨カメラ(2018年11月現在)】
 ・Logicool Webcam C930eR  15,000円前後
  高品質・高価格
 ・Logicool HD Webcam C270 2,000~3,000円前後
  低品質・低価格
 ・Logicool HD Webcam C310 3,000~4,000円前後
  中品質・低価格

まとめ

ウェブ会議システムを利用することで離れた場所にいても会議を行うことができ、スピーディーな意思決定や移動費などのコスト削減にも役立ちます。
遠隔地での迅速な会議を実現するほか、ウェブ会議システムを利用したテレワーク導入など、さまざまなサービスに応用することができるのも特徴です。

徹底比較!SkypeとFreshVoiceの違い 有料サービスには理由があります! WEB会議にはこんなに危険があるのをご存知ですか?不用意な選択は大変なことに!

エクセル比較表ダウンロード

【Web会議システム比較表】 エクセルの比較表だから今すぐ使えます
テレビ会議・Web会議システムの新規導入、リプレイス検討に役立つWeb会議システムを比較したエクセル比較表をダウンロードできます。部署内での共有でも役立ちます。

関連コンテンツ