Web会議の基礎知識

更新日:2022.05/10(火)

スマホでオンライン面接をおこなう際の準備と注意点を紹介します

スマホでオンライン面接をおこなう際の準備と注意点を紹介します

Web面接はインターネット環境と対応したデバイスがあれば行うことができるため、企業側にも応募者にもメリットがあります。Web面接はパソコンで行うイメージがありますが、スマホでも利用することが可能です。

本記事では、スマホでも利用可能なWeb面接ツール10選やスマホで利用する際の注意点などをご紹介します。

Web面接ツールの紹介はこちら

Web面接はスマホでも行うことができる


Web面接(オンライン面接)は、パソコンで行うというイメージが強いですが、スマホで行うことも可能です。スマホにはあらかじめマイクとカメラが搭載されているため、新たに機材を購入する必要はありません。

音声や動画、通信環境に問題がないのであれば、スマホでも問題なくWeb面接を行うことができるでしょう。

ただし、スマホでWeb面接を行うには、Web面接ツールがスマホに対応している必要があります。パソコンとスマホのどちらにも対応しているツールを選べば手間が省けるでしょう。

【面接者目線】スマホでWeb面接を行う際の準備と注意点


ここでは面接者側が気を付けたい、Web面接を行う際の準備と注意点をご紹介します。
ツールをあらかじめインストールしておく
企業側から指定されたツールがアプリのインストールが必要なものの場合、あらかじめツールをインストールしておきましょう。できれば面接前に一度操作をしておき、予習をしておくと安心です。

できるだけ静かな場所を選ぶ


周囲が騒がしいと会話の妨げになってしまいます。そのため、自室などできるだけ静かな場所を選びましょう。
また周囲の様子がカメラに写るため、背景にも注意が必要です。

スマホを固定できるアイテムを用意しよう


スマホを利用して面接を受ける場合は、固定できるアイテムを用意しましょう。手持ちの場合、画面が揺れてしまい印象が良くありません。
デスクに固定できるスタンドやホルダーなどを使い、しっかり固定した状態で面接を受けるようにしましょう。

【企業側】スマホでWeb面接を行う際の準備と注意点

ここでは、企業側の準備と注意点をご紹介します。

応募者のアカウント登録が不要なツールを選ぶ


Web面接ツールを選ぶ際には、できるだけ応募者がアカウント作成しなくても参加できるものを選びましょう。アカウント登録が必要な場合、企業側は応募者に対して説明をしなくてはいけません。
応募者のITリテラシーのレベルはさまざまのため、説明だけで膨大な時間と手間が発生します。
そのため、できるだけアカウント作成が不要なツールを選択しましょう。

ツールのセキュリティ体制は万全であるか確認する


面接では求職者情報、企業情報など個人情報や機密情報などを扱うため、ツールのセキュリティ体制もチェックしましょう。特に無料のツールは有料のツールに比べてセキュリティ面で不安が残るため、しっかり確認しましょう。
またツールによっては情報流出によって損害賠償が発生した場合、補償してくれる保険が付与されているものもあります。

面接用の招待用URLを事前に送付する


Web面接ツールによって使い方は異なりますが、一般的に面接を行う相手に招待用のURLを送付し、応募者はそのURLにアクセスして面接を開始します。
そのため、企業は事前に応募者に面接用URLを送付する必要があります。またツールによって事前にアカウント登録やアプリのインストールが必要な場合もありますので、応募者に事前に案内しておきましょう。

スマホでも利用可能なWeb面接ツール10選

ここでは、パソコンだけでなくスマホでも利用可能なWeb面接ツールをご紹介します。

Lite Fresh Voice(ライトフレッシュボイス)


Lite Fresh Voice(ライトフレッシュボイス)は、インストール不要で利用可能なWeb面接ツールです。

メールアドレスを入力することもなく始められるので、手軽に導入できます。
面接の際には、新規アカウントを作成し、URLを応募者に伝えるだけです。
またLite Fresh Voiceは、日本で初めてセキュリティ保険をすべてのアカウントに付与しているのが特長です。
情報流出などによって損害賠償が必要となった場合、1,000万円まで補償してくれます。

主な機能

Lite Fresh Voiceには主に以下の機能が搭載されています。

管理者画面

・部屋の作成/削除

・パスワードロック

・ノック機能

・招待URL(参加者およびホスト)
最大15人まで同時に会話が可能です。

・入退室ログ(管理者のみ)

・ユーザーリスト(管理者のみ)

・言語変更

通話画面

・画面共有機能(全画面、アプリ、Chromeタブ)
自分や相手の画面を共有しながら面接が可能です。

・デバイス設定

・ビットレート調整(低、中、高、自動)

・テキストチャット

・映像拡大/縮小

・名前変更

・レイアウトモード変更(分割・拡大)
面接の内容に合わせて分割したり、拡大したりすることが可能です。

・テンプレートバーチャル背景

価格 1URL・1ID月額16,500円~
ID数・URL数によって費用が異なる
無料トライアル
応募者のアカウント登録 不要
応募者のアプリインストール 不要
対応デバイス Windows、iPad、iPhone、Android
対応ブラウザ
Chrome、Safari、Edge
iPhone/iPad(iOS)は、Safariのみ対応

LFV(ライトフレッシュボイス)

ウェブメン


ウェブメンはWeb面接に特化したシンプルなツールです。URLにアクセスするだけで簡単に接続できます。1対1での個人面接のほか、最大5名までのグループ面接にも対応しています。
パソコン、スマホ、タブレットのマルチデバイス対応です。

主な機能

・ビデオ通話
映像や音声でコミュニケーションが可能です。

・チャットボード
チャット形式で相互にメッセージを送れます。PDFなどのファイルを送ることもできます。

・ホワイトボード
相手に手書きのメモなどを書いて共有できる機能です。

・画面共有
面接官側のパソコン画面を共有できる機能です。

価格 ベーシック
20,000円/月
スタンダード
60,000円/月
110,000回視聴保証プラン
100,000円/月
無料トライアル
応募者のアカウント登録 不要
応募者のアプリインストール 不要
対応デバイス 要問合せ

ウェブメン

jinjerミーティング


jinjerミーティングは、URLを作成し相手に送るだけですぐにWeb面接が始められるツールです。ただし、スマホとタブレットで利用する場合は専用アプリが必要です。
1ID・1,500円から始めることができ、機能制限・通話制限がありません。1対1の個人面接、少人数でのグループ面接もどちらにも対応しています。

主な機能

・ブラウザ通話
ブラウザ通話に対応しているので、アプリをインストールする必要がありません。
ただしスマホで利用する場合は専用アプリのインストールが必要です。

・マルチデバイス
Windows、Mac、iPad、iPhone、Androidで利用可能なため、パソコン、スマホ、タブレットが利用できます。

・ワンタイムルーム
Web面接用のURLをすぐに発行できるので、スピーディーに面接を始められます。

・画面・資料共有
自身のデスクトップ画面やアプリ、資料などを共有することが可能です。

・ホワイトボード
画面に表示している資料にペンツールで書き込みできます。また相手と共有することができます。

・チャット
ルーム内のチャットでメッセージをやり取りできます。

・録画・録画共有
Web面接・会議の様子を録画することができます。

・ミーティング履歴
これまで行ったミーティングの通話時間やメモ、チャットの履歴を確認できます。

・フィーチャーパネル
全画面表示時、発言者が大きく表示されます。誰が話しているのか分かりやすくなります。

・パネル表示
Web会議の参加者を一覧で表示することができます。

・アプリ画面回転
アプリでの通話時はスマホの画面に合わせた画面回転が適用されます。

・表示名変更
Web面接中に表示される名前を変更できます。

・通話品質調整
通話環境に合わせ、通話品質を音声のみ・低・標準・最高から選択できます。

・ルーム再接続
ワンクリックで同じルームに再度アクセスしなおせます。

価格 1ID月額1,500円
初期費用20万
無料トライアル
応募者のアプリインストール 必要
対応デバイス Windows、Mac、iPad、iPhone、Android

jinjerミーティング

インタビューメーカー


インタビューメーカーは、パソコンとスマホのマルチデバイスに対応しているWeb面接ツールです。Web面接、録画面接、グループ面接など、面接活動のオンライン化をサポートしてくれます。
1対1の面接はもちろん、グループ面接にも対応しています。またあらかじめ企業側が設定した質問に応募者が動画で回答する「録画面接」機能も搭載されています。録画面接は日程調節が不要で、短時間で精度の高いスクリーニングが可能です。
1社ごとに専任のコンサルタントチームを組んでくれるため、安心したサポートを受けられます。導入までのフォローはもちろん、導入後や年間計画、定期的な運用検証会なども実施されています。

主な機能

・面接の自動録画
Web面接の内容を自動的に録画・保存する機能です。

・資料共有機能
互いのモニターに資料を表示されることができます。

・面接URLの一括生成
複数の面接URLを一括で発行できる機能です。

・クイックWeb面接
応募者情報を事前に登録しなくても、URLを送るだけですぐに面接が開始できます。

・資料閲覧機能
画面上で履歴書や職務経歴書などを確認しながら面接を実施できます。

・チャット機能
面接官と応募者の間でチャットのやり取りが可能です。

・評価シート
評価項目はカスタマイズ可能です。

・外部サービス連携
各種ATSなどと連携が可能です。
ASTとWeb面接機能を紐付ければ、面接日の設定やWeb面接実施までをスムーズに行えます。

価格 無料プラン(申し込み日から30日間)
ベーシックプラン
スタンダードプラン
 
プレミアムプラン
有料プランは要問い合わせ
無料トライアル
応募者のアプリインストール 不要
対応デバイス パソコン、スマホ

インタビューメーカー

harutaka


harutakaは、ライブ面接機能、動画面接機能を備えたWeb面接ツールです。アプリのダウンロードが不要で利用可能です。またマルチデバイスに対応しているため、スマホ、タブレット、パソコンなど好きな端末から使用できます。
またエントリー動画にも対応しているのが特長です。エントリー動画とは、企業があらかじめ質問を設定しておき、それに対して応募者が動画を撮影したり、テキストを入力したりすることで回答する機能です。面接日時の調整が不要なため、企業側・応募者側どちらにもメリットがあります。
採用プロセスをデータ管理できるため、採用効率の向上が期待できるでしょう。またWeb面接に特化した機能がシンプルに搭載されています。

主な機能

・接続確認ダッシュボード
応募者や面接官の接続テストの実施状況や当日のライブ実施状況などをダッシュボードで管理できる機能です。
エラーを早期発見できるので、当日のトラブルを事前に防ぐことが期待できます。

・応募者管理
氏名、住所などの応募者に基本情報や質問フォームの回答、評価などの情報を管理できます。

・進捗管理
応募者の選考状況などを管理可能です。

・設問登録
応募者に対して質問したい内容を自由にフォーマットで作成できる機能です。
応募者に向けたメッセージ動画なども作成できます。

・日程調整
エントリー動画や面接の日程の候補日を表示し、応募者とスケジュール調整できる機能です。

・評価シート
エントリー動画やライブ面接時に「評価シート」を記入することが可能です。

価格 要問い合わせ
無料トライアル
応募者のアプリインストール 不要
対応デバイス パソコン、スマホ、タブレット

harutaka

【無料ホワイトペーパー】Teams vs ZoomのWeb会議システムを徹底比較!!

web会議
★人気3社★徹底比較!!
無料ホワイトペーパー

導入前の比較検討用途はもちろん、普段使用していて「このweb会議って使いにくい」「本当にウチの会社にあっているの?」「別のシステムも比較してみたい」などのリプレイスを考えている方にもおすすめです。

web会議システムを導入を検討する際に一番気になっている事、それは・・・TeamsやZoomとの比較です。

人気Web会議TeamsやZoomと比較して、【Web会議システム Fresh Voice】はTeamsやZoomとどう違うの?Fresh Voice導入すると何がよくなるの?などの疑問を解決します。

こんな人におすすめ

  • Teams・Zoomの基本的特徴や価格が知りたい
  • Teams・Zoomと比較したWeb会議システムFresh Voiceの特徴が知りたい

Teams・Zoomの基本情報、価格の比較と合わせて、Fresh Voiceの特徴もわかりやすく紹介しています。是非ダウンロードしていただき、ご活用ください。

FACEHUB


FACEHUBは、インストール、アカウント不要で利用できるツールです。URLを作成して相手に共有し、相手はそのURLをクリックすることで簡単につながります。
1対1はもちろん、複数人での通話にも対応しています。
スマホで使う場合は、アプリ・ブラウザの2パターンから選ぶことができます。

主な機能

・ビデオ通話

・ビデオ通話

・チャットボード

・ファイル送信

・ホワイトボード

・スマホカメラIN-OUT切替え

・スクリーン切替え

価格 初期費用+月額費用
無料トライアル 要問い合わせ
応募者のアプリインストール 不要
対応デバイス パソコン、スマホ

FACEHUB

ITSUMEN


ITSUMENは、利用期間に合わせたスポット利用が可能なツールです。動画選考を採用しているのが特徴です。
動画選考とは、企業があらかじめ質問を設定し、応募者にそれに対する回答を撮影してもらいます。そして採用担当者がその動画を見て選考する面接方法です。
応募者は面接用のURLにアクセスし、質問に動画やテキストで答えるだけのため、時間に余裕を持って準備できます。企業側は書類選考のコストを削減できるため、二次面接以降に時間と労力をかけることができます。

主な機能

管理画面

・面接一覧管理

・応募者管理

・検索機能

・CSVでの面接一括登録

・質問テンプレート

・質問テンプレートごとのURL発行

・面接ステータス管理

面接画面

・動画回答

・テキスト回答

・選択回答

・画像回答

価格 初期費用・アカウント開設費用0円
月額プラン(最低契約期間6ヶ月、以降2ヶ月更新)
32,780円~
無料トライアル
応募者のアプリインストール 不要
対応デバイス パソコン、タブレット

ITSUMEN

BioGraph


BioGraphは、ライブ面接・録画選考などのWeb面接専用ツールです。応募者との日程調整やスケジュール管理もすべてWebで管理できるので、採用活動を効率化できます。
応募者が動画を録画して提出する録画選考にも対応しており、面接に対する時間的な拘束がなくなります。
スマホで行う場合はアプリのインストールが必要です。

主な機能

・スケジュール管理

・動作検証機能

・録画機能

・リマインダー機能

価格 導入費用+月額費用
11,000円~+11,000円/月
無料トライアル
応募者のアプリインストール 必要
対応デバイス パソコン、スマホ

BioGraph

playse web面接


playse web面接は採用に特化した機能が搭載されているツールです。オンライン上で会社説明会から面接までを行うことができます。
面接は面接ルームのURLを作成し、それを応募者に伝えるだけで始められます。

主な機能

・ヒアリングシート

・応募者管理

・エントリーシート

・評価シート

・スケジュール調整

・動画選考

価格 スターター
16,280円
ベーシック
21,780円
エンタープライズ
要問い合わせ
無料トライアル
応募者のアプリインストール 不要
対応デバイス パソコン、スマホ

playse web面接

V-CUBE


V-CUBEは、Web会議・面接が可能なツールです。ブラウザ上で音声や資料を見ながらコミュニケーションをすることができます。パソコン、タブレット、スマホに対応しています。

主な機能

・パソコン画面共有

・アンケート機能

・サジェスト機能

・録画機能

・チャット機能

価格 初期費用:45,000円(税抜)/会議室
月額費用:44,900円(税抜)/会議室
無料トライアル
応募者のアプリインストール 必要
対応デバイス パソコン、スマホ、タブレット

V-CUBE

スマホでも使えるWeb面接ツールをチェックしておこう

Web面接ツールにはさまざまな機能が搭載されており、パソコンだけでなくスマホにも対応しているマルチデバイス対応のものもあります。近年の応募者のほぼすべてがスマホを持っていることが予想されるため、スマホ対応の製品を選ぶことも大切でしょう。
スマホ対応のほか、自社に必要な機能を備えたツールをチェックしましょう。

関連記事