Web会議フレッシュボイスTOP > Web会議入門 > Web会議とは? > TV会議システムの機能の違いと比較
pixta_41741890_M

TV会議システムの機能の違いと比較

目次 [表示を隠す]

TV会議とは

テレワークの導入と共に、遠隔地を結んでコミュニケーションを行うことができる会議システムの導入がますます進行しています。しかし、これらは使用する機材などに違いがあり、使用する環境によってはメリットもデメリットもあります。この違いを把握していなければ、会議の質に違いが生じることも多いです。

そもそもTV会議とは、何人かの参加者が一か所に集まり、あらかじめ設置し用意しておいた大型の端末を使用して、別の場所に一か所に集まった複数人とやり取りするものを指しています。システムとして電話と同じように、サーバーを介するのではなくダイレクトに相手と解するPtoPの接続形態をとっています。

Web会議とTV会議

これに似たものにWeb会議というものがありますが、Web会議では作業に必要となる資料やソフトウェアを共有するための機能に加えて音声や映像、チャットなどといったコミュニケーションツールを統合させた共同作業を行うためのコミュニーションツールです。パソコンやスマートフォンといった端末からサーバーを介して相手先端末と映像・音声データの送受信を行うシステムによって成り立っています。

TV会議とは

TV会議にはシステムによりいくつかの種類に分けることができますが、基本として必要となる装置や機材というものは共通しています。まずはじめに必要となるものが、コーデックと言われるTV会議の心臓部分です。カメラが撮った画像やマイクが拾った音声といったデータをアナログからデジタルへと変換して送信する装置です。当たり前ですが入力デバイスであるカメラとマイク、出力デバイスであるモニターとスピーカーは必須となります。そして、3地点以上を接続して行う多地点間テレビ会議を実現するための多地点接続装置が必要です。

ルームタイプのTV会議

TV会議にはいくつかの種類があり、そのうちのひとつがルームタイプのシステムです。ルームタイプのTV会議システムでは、およそ5から25人ほどの人数で会議を行うことになります。特徴としては、コーデックとカメラが分かれており、テレビやプロジェクターなどの映像機器に接続して使用し、必要となる機器はモニターと専用端末です。

拡張性が高い

設計に合わせてほかの周辺機器と連携がとりやすいように入出力端子が多種多様であるため、AVの拡張性が高いことも特徴です。高品質な音声と画像を提供することが可能であり、ハイスピードにも対応可能、そして操作性が簡単であるということがメリットとしてあげられます。

コンパクトタイプのTV会議

コンパクトタイプ(セットトップタイプ)のTV会議システムは、3から10人の人数での会議に適した会議ということができます。カメラとコーデックが一体型であり、テレビやプロジェクターと接続して使用することになり、必要となる機器はモニターと専用端末です。このコンパクトタイプは、もっとも使用するユーザーが多いタイプのシステムであり、ルームタイプよりも安価であるというメリットがあります。

操作が簡単

さらに、操作性も簡単であり、機種やメーカーが異なっていたとしても互換性が高いため、買い替えも非常に簡単です。このほかテレビの上に乗せて使用することができ、場所をとらず、設置や移動が簡単であるというメリットがありますが、端子の数が限定されてしまうためAVの拡張性は高くありません。

オールインワンタイプのTV会議

TV会議のなかで、1から3人という少人数での会議に適しているタイプのTV会議システムは、オールインワンタイプのTV会議です。カメラやスピーカー、コーデックにモニターというTV会議に必要となる機器のすべてがひとつの一体型であり、TV会議を行う際は端末機器を用意するだけで簡単です。操作性が簡単であり、機種やメーカーが異なっていたとしても互換性が高いという特徴があります。

ひとつの機器のみでTV会議を行うことができるため、設置や移動などの取り扱いが簡単であるというメリットがあるうえに、場所をとりません。安価ではありますが、拡張性が低く、画質や音質はあまり期待できません。

パソコンと専用機器を接続する

TV会議で資料を共有するには、パソコンの画面共有機能を使用します。そのため、専用機とパソコンを接続しなければなりません。まず、専用機の映像入力端子とパソコン側の映像出力端子をケーブルでつなぎますが、ここで注意点があります。 映像の伝送方式には、DVI、HDMI、RGBなどの種類があります。専用機とパソコンの伝送方式が違っていたら、端子の形が違うので接続できません。その場合、別途変換プラグが必要になります。

例えば、専用機がDVI方式でパソコンがRGB方式なら、RGB方式で出力される映像をDVI方式に変換するプラグを専用機側に接続します。こうしてパソコンと専用機器の接続が終わったら、リモコンなどで操作してパソコンの画面を相手先に表示させることができます。

ケーブルについて

会議室の広さによっては、専用機からパソコンまでケーブルの長さが足りないという事態もありえるでしょう。そんなときは、無線の映像伝送装置を設置すると、ケーブルで接続しなくても画面を表示させることが可能です。

TV会議の資料共有が使えるシーン

TV会議ではパソコンの画面を表示させて資料を共有できますが、どのような場面で使うのが最適なのでしょうか?TV会議では、資料を相手先に表示させるだけで、その資料に手を加えることはできません。新たに書き込んだり、修正したりできるのは、画像を送信しているパソコンだけになります。

そのため、資料をもとにアイデアを出し合って新しい企画を決めるミーティングや、元の資料に手を加えて説明を補足、修正する会議には不向きといえます。TV会議に向いているのは、報告会や勉強会、説明会など、一方通行で相手に伝える、教えるような場合です。

例えば、パワーポイントで作成した資料を表示させてのプレゼンなどが向いているでしょう。高画質なので、細かい数字の並ぶ資料を共有する場合に用いるのも有効です。

パソコン上で表示できない資料を共有するには?

会議に必要な資料が、パソコン上で扱えない場合もありますよね。DVDの中にある映像だったり、立体的な商品サンプルだったり。あらかじめ映像や画像を編集してパソコン内に取り込んでおければよいのですが、時間が足りず間に合わない時もあります。そんな場合は、DVDプレーヤーや書画カメラを利用しましょう。

ケーブル接続

専用機に、パソコンと同じようにケーブルで接続して利用できます。書画カメラとは、オーバーヘッドカメラともいい、卓上の電気スタンドのような形状のカメラです。先端についているカメラで、細部を拡大することもできます。 事前に編集された映像や画像と違ってリアルタイムで見られるので、違う角度や拡大表示で見たいといった、会議中のリクエストにも答えられるようになります。

プロジェクターのようにも

また、プロジェクターのように照明を落とさずに使えたり、映像を参照しながら、容易にメモを取ることが出来たりするのも魅力です。さらに、その場で書いた手書きの資料を表示するのにも書画カメラを利用できます。

TV会議の高品質な映像で資料共有を

TV会議も年々多機能化しており、専用機を購入しなくても専用ソフトウェアのインストールだけで利用できるクラウド型が登場して利用しやすくなっています。Web会議のいいところを取り入れて、低コストで高画質の映像を配信できるようになりました。

TV会議のメリットは、安定した高品質のサービスです。録画機能を利用して、後から会議の内容を振り返る、議事録代わりにするといった便利な使い道もあります。 また、映像の乱れや音の途切れがほぼないため、会議に集中できます。きれいな画面で資料を共有できれば、議題に対しての理解度も高まることでしょう。

TVでミーティングができれば最高!テレビで会議とは?

TVを使ってミーティングができれば、画面は大きいし身近だし便利ですよね。そんなTVでミーティングを行う方法があるのです。それが、Web会議です。Web会議システムを使えば、離れた仲間とオンラインでミーティングが可能です。

TVでミーティングしたいというニーズは昔からある

誰にとっても身近なTV。テレビでミーティングができれば理想なのに、と思う人は少なくありません。 それは昔からあるニーズで、TVでミーティングを行いたいと思っている人は多いのです。

実は、昔は今よりもはるかに、職場にテレビがあったのです。 ビジネスパーソンは昼間になるとTVをつけたり、重要なニュースを流したりなど、テレビが意外と職場でも身近にあったのですよ。

そんな時代から、テレビ会議を行いたいという潜在的なニーズは常にありました。 しかし、昔のテレビは大きくて重たいですよね、そして専用線が必要だったのです。

TVでミーティングしよう!

今やTVからインターネットに接続することができます。Wi-fiでつなぐことができるテレビはまだまだですが、有線ケーブルならスムーズにインターネットに接続することが容易になりました。 自宅でも職場でもインターネット回線はインフラとして普及しており、いつでもどこでもインターネットに接続可能です。 そこで、GoogleのChrome Castを使うなどして、ブラウザをTV内で起動させ、そこからクラウド型Web会議にアクセスすることが可能なのです。

 

クラウド型ならパソコンがなくとも

クラウド型にはクラウド型のデメリットはあるのですが、これなら少なくともパソコンがなくとも自宅のTVや職場のTVからミーティングに参加できます。 マイクやカメラは必要ですが、ブロードキャストを受信する際に有効です。とても便利ですので、自宅の大画面からTVでミーティングに参加しましょう。情報をキャッチアップすることができます。 ペーパーレス会議

ペーパーレスにするとどうなる?具体的なメリットとは

ペーパーレス化のメリットを考えるなら、まずは紙の資料を使っていて「面倒だ、非効率的だ」と感じることを思い浮かべるとわかりやすいでしょう。 例えば、紙の資料は印刷してきれいにまとめてから配布するため、必要な資料の数が増えれば増えるほど印刷コストや廃棄コスト、人件費がかかります。

しかも、かさばるので持ち運びが不便ですし、保管に場所を取り後から探すのも大変です。管理もしづらいのでセキュリティ対策もとりづらく、さらに時間が経つと劣化していくというデメリットもあります。それがテレビ会議を導入すればどう変わるでしょうか? 端末でデータを共有するので人数分の印刷物は必要なく、それを手作業で用意する人員も必要ありません。これだけで紙代と印刷代、人件費などが削減できるのがわかりますよね。

訂正も簡単

さらに、データなら資料内容を訂正する際も簡単にできますし、かさばらず場所を取りません。端末からアクセスすれば、遠方にいても資料を閲覧したり承認したりもできます。これで資料の管理が楽になり、見たい時に見つからないことも減るでしょう。資料がぐしゃぐしゃになり読めなくなるといった心配もありません。

セキュリティ

データを共有するのはセキュリティ的にどうなのか不安になる方もいるかもしれませんが、パスワードの設定や端末にデータが保存されないようにするなど設定が可能です。紛失しても気付かれにくく、誰が除き見ても閲覧記録などが残らない紙の資料より安全でしょう。 このようにテレビ会議を導入すると、紙の資料を使った会議で面倒だったり非効率的だと思っていた問題が数多く解決します。それでいてコストダウンに繋がり環境にも優しいのですから、まだテレビ会議を導入していないなら導入を検討したくなりますよね。

ペーパーレスのデメリットも理解して自分たちに合ったシステムを導入しよう

ただし、良いことばかりのペーパーレスにもデメリットがないわけではありません。 具体的には、ペーパーレスと言ってもすべての資料をデータ化できるとは限らないということです。厳重に管理したい重要な書類を扱う場合は、会社の方針でデータ化が禁止される可能性があります。ですから、テレビ会議を導入しても完全なペーパーレスとはいかず、例外もあると念頭に置いておきましょう。

サイズ感

また、データ化された資料はPCやタブレット端末などの画面サイズによって見やすさが変わります。テレビ会議に使う端末の画面サイズは、データ閲覧に支障のない大きさのものを選ぶようにしてください。

メモ

他にも、使っているテレビ会議システムによっては、資料にメモを書き加えたりする時に紙の場合と比べて自由度が低くなる可能性もあります。システムやネットワークなどの影響を受ける可能性があったり、慣れないと使いづらいこともあるでしょう。 そういう場合は、できるだけそれらのデメリットを抑えられるシステムを選ぶことで解消できます。

ペーパーレス

ペーパーレス化のメリットとデメリットを十分把握した上で、自分たちに合ったテレビ会議システムを探してみてください。様々な製品が登場しており、それぞれデメリットを覆すようなポイントをアピールしているので選びやすいはずです。 とくに、インターネットを介してデータをやり取りできるWeb会議システムなら、普段使っているPCやタブレット端末、スマートフォンなどを端末として活用できるのでお勧めです。 なかにはipadでも使える製品もあり、いつも使っているipadを活用できるなら使い方がわかりにくいとか、使いづらいというデメリットも克服できます。 自分たちに合った製品を見つければ、ペーパーレスの恩恵を最大限に受けられるでしょう。

TV会議の特徴をまとめたブログ1:今さら聞けない「テレビ/WEB会議」とは?

https://www.freshvoice.net/basic/what_web_meeting/beginner001/

「今さら聞けない「テレビ/WEB会議」とは?」は、TV会議の特徴をウェブ会議と比較しながら紹介しているブログです。 TV会議とウェブ会議の違いはどのような点なのか、具体的な例を挙げて解説しています。

TV会議とウェブ会議

またTV会議とウェブ会議を比較してどのようなメリットがあるのか、どのような効果が期待できるのかも紹介しています。内容としては一見するとウェブ会議を推奨している内容のように見えるのですが、こちらのブログではTV会議とウェブ会議をほぼ同じものとして取り扱っているところが特徴です。 このためウェブ会議のメリットを通じて、TV会議にはどのようなメリットや企業への効果が期待できるのか知りたいという人におすすめできる内容となっています。

TV会議の特徴をまとめたブログ2:TV会議システムの機能の違いと比較

https://www.freshvoice.net/basic/compare_web_meeting/tvkaigi_hikaku-3/

TV会議と一言で言ってもそのシステムにはいくつかの種類があり、システムごとに機能や特徴が異なります。そんなTV会議のシステム別の特徴を知りたいという人におすすめのブログが、「TV会議システムの機能の違いと比較」です。 こちらではTV会議とはどのようなものなのかを簡単に説明した上で、代表的な3つのシステムの機能の特徴やそれぞれの違いを比較しながら紹介しています。3つのシステムとして挙げられているのは「ルームタイプ」、「コンパクトタイプ」、「オールインワンタイプ」で、機能の内容やメリット・デメリット、どのような会議に適しているのかを把握することができます。 そのため、TV会議のシステムについて知りたいという人やどのシステムを使えばいいのかわからないという人に見てほしいブログです。

TV会議の特徴をまとめたブログ3:テレビ電話とは?導入方法と賢い使い方

https://www.freshvoice.net/basic/compare_web_meeting/tvtell_donyu/

TV会議のシステムを応用したものとして注目を集めているのが、テレビ電話の存在です。テレビ電話は企業だけではなく一般にも普及している連絡手段の一つであり、TV会議を最も身近に利用できるところがメリットとなっています。

顔が見える!

そのため会議をするほどではないにしても相手の顔を見ながらやり取りをすることができるテレビ電話の導入を検討している企業も少なくないようです。 そんなテレビ電話の導入を検討している企業におすすめのブログが、「テレビ電話とは?導入方法と賢い使い方」です。 こちらではテレビ電話の概要や特徴を紹介するとともに、導入方法や導入に必要な機材の説明、さらに導入してからの利用方法も紹介しています。 遠方とのコミュニケーションツールとしての魅力をしっかり紹介しているので、テレビ電話の導入に興味があるという人に読んでほしい内容です。

TV会議の特徴をまとめたブログ4:テレビ会議導入で削減出来る費用、かかる費用

「テレビ会議導入で削減出来る費用、かかる費用」では、TV会議導入に関わってくる費用を解説しています。 例えばTV会議を導入するとなるとどのような設備が必要なのか、設備導入にどの程度の費用が必要になるのかを紹介しており、導入する設備によって異なる費用面の解説も行っています。

またTV会議は導入することで経費を削減できるというメリットがあるのですが、実際にどのようなポイントで削減できるのか、どの程度費用削減できるのかなどの解説もしてくれているようです。

コストパフォーマンス

実際にTV会議を導入するとなると費用面やコストパフォーマンスも考えなければいけないので、それらの情報の参考になるブログとしておすすめされています。

読みやすいQ&A集はこちら

ほかにもTV会議の特徴や気になること、分からないことがあるという人向けのQ&A集として「テレビ会議システム初心者講座【Q&A】(https://www.freshvoice.net/basic/what_web_meeting/20180817/)がおすすめです。

こちらのブログではTV会議を導入したばかりの初心者が抱えやすい疑問や不安点をわかりやすく解説していて、TV会議導入の基本的な情報が紹介されています。このためTV会議を導入したけれども気になる点がある、導入する前に不明点を解消しておきたいという人向けのブログとしておすすめです。   banner728×200WEB会議にはこんなに危険があるのをご存知ですか?不用意な選択は大変なことに!

エクセル比較表ダウンロード

【Web会議システム比較表】 エクセルの比較表だから今すぐ使えます
テレビ会議・Web会議システムの新規導入、リプレイス検討に役立つWeb会議システムを比較したエクセル比較表をダウンロードできます。部署内での共有でも役立ちます。

関連コンテンツ

  • ipad会議可能なWeb会議システム、製品比較で気をつけるべき点はここ!

    最近では、ipadを活用したWeb会議システムを導入する会社が増えています。そこで今回は、iPad会議が可能なWeb会議システムを比較する時に気をつけたい点を紹介します。

  • Web会議の回線代は固定費で!Web会議システムの決算処理

    オンプレミス型のWeb会議は、決算時には資産として帳簿上に計上する必要があります。Web会議システムは、備品として計上し、有形固定資産になります。Web会議システムの回線、加入料は、電気通信施設利用権となります。こちらは、無形固定資産として計上します。

  • ワークスタイル革新へ!在宅勤務の推進にWEB会議を

    働き方改革を行うのに欠かせない物はWeb会議システムです。オフィス以外の場所でも従業員と顔を見ながら行えるコミュニケーションツールとして注目されています。

  • テレワークの求人状況は?在宅で正社員雇用はありえる?

    テレワークを利用すれば、在宅や出先でも働くことができます。世の中、正社員としてバリバリ働きたいという人ばかりではなく、在宅でしか仕事ができないけれど、スキルややる気をこのままにしたくないという人も大勢います。ではテレワークの求人状況はどのようなものなのでしょうか。

  • 「Web会議・料金プランの重要性と選び方」ウェブ会議比較のポイント7

    コスト削減を目的にWeb会議システムの導入をお考えのお客様にとって、料金プラン、そしてその価格は最重要関心事項です。Web会議各社にはそれぞれの料金プランがありますが、ここでは見積もりを取る前のお手伝いをさせていただきます。

  • テレビ会議より断然安い?ウェブ会議の平均的な価格を紹介

    人が一同に集まる必要がなく遠隔地間で会議ができるウェブ会議やテレビ会議は、便利なツールとして導入している企業も多くなっています。ウェブ会議もテレビ会議も情報通信技術を活用したものですが相違点があります。ここではウェブ会議とテレビ会議との比較し、ウェブ会議を導入した際の平均価格について紹介します。