Web会議の基礎知識

更新日:2022.06/10(金)

【ウェビナー】開催のメリット・デメリット

【ウェビナー】開催のメリット・デメリット

今回は、初めてウェビナーを開催する前の基礎知識として、ウェビナーにまつわるメリットとデメリットをご紹介します。
ウェビナーのメリットとデメリットを理解した上で、どのようなセミナーにするかしっかり道筋をつくることがウェビナー成功の秘訣です。

それでは、メリットからみていきましょう。

ウェビナーの開催方法についてはこちら
おすすめウェビナーツール比較はこちら

ウェビナーを開催する6つのメリット


ウェビナーを導入・開催するメリットは次の6つです。

  • コスト削減が期待できる
  • 場所を選ばず視聴できる
  • 内容の理解度が上がる
  • オフラインセミナーに比べて集客しやすい
  • 確度の高いリード獲得に繋がる
  • 録画によって再活用できる

ウェビナーはコスト削減や場所を問わない以外にもさまざまなメリットがあります。
通常のセミナーよりも費用対効果が期待できることも、導入する企業が増えている理由の1つといえるでしょう。ここでは、ウェビナーを開催するメリットの内容を詳しく紹介します。

1.コスト削減が期待できる

ウェビナーの開催によってコストの削減が期待できます。従来のセミナーの場合、交通費や宿泊費、会場の費用などのさまざまなコストがかかります。特に、大規模のセミナーであれば人件費をはじめとするさまざまなコストが膨らみます。

しかし、ウェビナーであれば、インターネット環境と機器さえ整っていればどこでも開催できます。自社の会議室や、自宅からでもウェビナー配信ができるため、移動費や会場のレンタル費などが不要となり、大幅なコスト削減が可能です。

2.場所を選ばず視聴できる


場所を選ばずにセミナーを視聴できる点もウェビナーのメリットです。参加者と主催者のいずれもインターネット環境さえあれば、スマホやタブレット、パソコンを使用してどこからでもウェビナーを視聴できます。

また、オンデマンド配信であれば時間に制約がなく、参加者の好きなタイミングでセミナー動画の視聴が可能です。

3.内容の理解度が上がる

テキストで伝えるのは難しい複雑な情報も動画によって伝えることで、内容の理解度を高められます。セミナーの内容によっては、グラフなどの資料だけでは主催者側の意図を十分に伝えられないケースも少なくありません。

資料をベースにしつつ言葉による説明を加えることで、複雑な情報も正確かつ分かりやすく伝えられます。また、リアルタイムで開催するライブ配信であれば、チャット機能で直接質問でき、さらに内容の理解度をより高められるでしょう。

4.オフラインセミナーに比べて集客しやすい


オフラインセミナーよりも集客しやすい点も、ウェビナーのメリットです。ウェビナーは移動にかかる手間や費用がかからないため、参加者が気軽に参加できます。

オンデマンド配信であれば参加者が好きなタイミングでセミナーを視聴できることから、オフラインセミナーに比べて時間の制約が少なく集客しやすいです。セミナー参加のハードルを下げ、Webを利用している幅広い層に情報発信できることから、従来ならばアプローチできなかった層にもアプローチできます。

5.確度の高いリード獲得に繋がる

ウェビナーの内容をレベルに応じて使い分けることで、確度の高いリード獲得が可能です。例えば、ウェビナーへの申し込み段階で氏名や企業などの基本情報だけでなく、サービス・ツールの導入予定時期などを記入してもらいます。

そして、参加者のレベルに合わせた内容でウェビナーを開催することでより確度の高いリード獲得に繋がるでしょう。顧客開拓におけるマーケティング活動を可視化・自動化するMAツールと連携すれば、より幅広くアプローチできます。

6.録画によって再活用できる

ウェビナーの内容を録画することで、研修などにも再利用できます。例えば、企業が自社製品を紹介するウェビナーを開催したとしましょう。

そのウェビナーの様子を録画し、後日研修中の新人を見せることで、自社製品の概要やメリットだけでなく、話し方や表現の方法などを学ぶ教材として活用できます。

文字による研修よりも実際にプレゼンしている動画や姿を見せた方が記録に残りやすく、録画による再活用は新人研修の効率化につながります。

ウェビナーを開催する5つのデメリット


ウェビナーを開催する際に、気を付けるべきデメリットは次の5つです。

  • 通信環境によって音声や画質に差が生じる
  • 参加者の参加意欲が見えづらい
  • やり方次第ではイメージを損ねる可能性もある
  • 参加者の集中力を維持しにくい
  • 集客の仕組みがないとば参加者を集められない

ウェビナーは通常のセミナーとは大きく形式が異なるため、メリットばかりを意識して開催するとブランドイメージを損なう可能性があります。

ウェビナーを成功させるには、デメリットについても正しく理解し、ポイントを押さえた上で開催しなければなりません。ここでは、ウェビナーを開催するデメリットに関する内容を詳しく紹介します。

1.通信環境によって音声や画質に差が生じる

通信環境などによって音声や画質に差が生じてしまう点はウェビナーのデメリットの1つです。主催者側が質の高い機器や通信環境を準備したとしても、音声や画質は参加者側の通信環境に大きく影響します。

よって、ライブ配信の様子を録画し、オンデマンド配信で参加者が好きなタイミングで見直せるようにするなど、対策を施すことも重要です。

2.参加意欲が見えづらい


ウェビナーはオフラインセミナーとは異なり参加者の様子を細かく確認できず、参加意欲が見えづらい点はデメリットといえます。実際にセミナー会場に集まっているわけではないため適度な緊張がなく、盛り上がりに欠ける場合もあります。

そのため、参加者のモチベーションを維持し、参加意欲を高められるような工夫を施さなければなりません。よって「ウェビナー中にアンケートを実施する」「チャット機能で質問を受け付ける」などのコンテンツが盛り込まれるケースが多いです。

3.やり方次第ではイメージを損ねる可能性もある

ウェビナーの進め方や表現方法によっては、企業や商品、サービスのイメージを損ねるリスクがあります。ウェビナーは講師や司会者などの顔を参加者1人1人に見せながら聞いてもらえるため、親近感や安心感を与えやすいです。

しかし、相手によっては髪型や表情、声量、話すスピードなどに不快感を感じ、逆効果になる恐れがあります。イメージを損ねることがないよう、表情や声のトーンなどには十分配慮しましょう。

4.参加者の集中力を維持しにくい


参加者の集中力が途切れやすいのもウェビナー特有のデメリットです。オフラインセミナーの場合、セミナーの途中で席を立ったり、他の作業をしたりする方はいないでしょう。

しかし、ウェビナーであれば周りに参加者や主催者がいないため、気軽に席を立ったり、他の作業を行えたりできます。Webマーケティング全般を支援する「株式会社Faber Company」がWebマーケターを対象に行った意識調査では、回答者119名のうち約6割が他作業をしながらウェビナーを視聴したと回答しました。

ウェビナーに集中してもらうためにも参加型の内容にしてみるど、参加者の集中力が維持できるような工夫を施す必要があります。

参考:Webマーケター100名超を対象に“ウェビナー”の意識調査を実施

5.集客の仕組みがないと参加者を集められない

これはオフラインセミナーにも共通することですが、集客の仕組みがなければ参加者を集められません。例えば「2月28日にウェビナーを開催しますのでご参加ください」と公式サイトやSNSで発信したとしましょう。

知名度のある企業であれば公式サイトやSNSでの発信だけでも参加者を集められるかもしれません。しかし、知名度の低い企業が同じように取り組んでも、参加者を集めるのは難しいでしょう。ウェビナーに参加者を集めるためにも、独自の集客の仕組みづくりが大切です。

ウェビナー成功の為の工夫

ウェビナーはオフラインに比べ開催費用は少なく、集客力もあるのが強みです。
しかし、オフラインに劣るところは参加者の顔が見えず意欲が把握しずらいところがネックとなります。

参加者が飽きぬよう、声の抑揚やセミナー内で問いかけをしてみるなど工夫が必要です。
また、アンケート機能を利用し参加している事を意識させる事も手段の一つです。

おすすめ アンケート機能付きウェビナー「LFV」はこちら

メリットとデメリット把握し、様々な工夫を活かして、ウェビナーを開催してみましょう。

WebRTC=リアルタイムコミュニケーションってどんな技術?

WebRTC技術を使用したWeb会議システム比較表付

IT製品の安全性を調べているとよく耳にする
‟WebRTC、P2P、NAT、ICE、SFU‟の仕組みと安全性についてわかりやすく解説!
これを読めばIT製品比較し易くなること間違いなし!

Check
  • WebRTCの仕組みが知りたい
  • WebRTCの安全性が気になる
  • P2PやSFUにの仕組みについても知りたい
  • オリジナルのWeb会議システムを開発したいと思っている

当ホワイトペーパーだけ!好きな製品を追加して検討できるExcelシート付

人気の有料Web会議システム4社を徹底比較!価格や機能の違いが一目でわかる!

こんな人におすすめ

  • 社内でWeb会議の比較資料を作ってと依頼された
  • 一覧表でさまざまな比較を一目で知りたい
  • オリジナルの比較表をつくる土台が欲しい

Web会議システム導入担当者の強い味方になる資料です!
是非ダウンロードしていただき、ご活用ください。

関連記事