お電話でのお問い合わせはこちら

0120-275-319

受付時間 月曜~金曜 9:00~17:30

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-275-319

受付時間 月曜~金曜 9:00~17:30

導入実績

導入実績│株式会社新庄砕石工業所

テレビ会議システムFRESH VOICE導入実例 32

月一の定例会議をオンライン会議に置き換え
社員30人が移動する時間とコストの無駄を削減

山形県に本社を構え、建設業を生業とする株式会社新庄砕石工業所では、月に一度、現場責任者を集め全体会議を行っていた。しかし県外の遠隔地の現場も多くあり、会議のために30人近くの社員が移動してくる時間とコストが無駄だと考えていた。また会議の間、彼らが現場を離れざるを得ない状況も問題だった。そこで、FreshVoiceを使うことで、互いに貴重な時間を浪費する事なくオンラインで会議ができる環境を構築。また、Web会議システムという“業界の中でも先進的なICT利活用”が、学生に対するアピールにもなっているという。

Point

  • 月に一度の定例会議をFreshVoiceによりオンライン会議に置き換え
  • 30人近くが移動していたコストと時間の大幅削減につながった
  • 今後は勤怠管理システムとしてもFreshVoiceを活用したい

直営作業を心がけ高い収益率を達成!人々の暮らしを足元から支える

山形県に拠点を構える株式会社新庄砕石工業所は、骨材生産販売、土木建築の請負及び施工、建設機械・機材・資材の賃貸事業、不動産の賃貸及び売買・管理を行っている企業だ。建設業は多重下請け構造が一般的な中で、直営作業を心がけて高い収益率を達成。ICT活用や新卒採用にも力を入れている。その施工技術力は高く、過去に阿武隈川上流本宮地区築堤他工事では福島河川国道事務所長表彰、阿武隈水系鴉川第5砂防堰補修工事では、東北地方安全施工推進大会(SAFETY)など他県でも多数の賞を受賞している。

同社の事業について管理部長の柿﨑氏は次のように語る。
「元々は、弊社の名前が示すように岩石を、プラントと呼ばれる工場で砕石を生産販売する仕事をしていました。その際に使用する『ジョークラッシャー』を動かすフライホールをモチーフにした物が弊社のロゴになっています。今は、公共土木工事が売上の主体。道路のメンテナンス、高規格道路、ダム等、みなさまの安心・安全な暮らしを足元で支えている会社であると自負しています」

YouTubeチャンネルでも様々な情報を発信。特に柿﨑氏の軽妙で説得力あるトークは必見だ。
YouTubeチャンネルはこちら

遠隔地からの移動にかかる交通費やガソリン代が無駄

「FreshVoiceを使い始めて、わざわざ会社に戻らなくても全員で会議ができるのは一番のメリットです」

工務部長 小野 吉美

同社がWeb会議システム導入を検討することになった業務上の課題について、工務部長の小野吉美氏は次のように語る。
「月に一度、進捗状況などの情報共有のために全体会議を行う必要があるのですが、福島県や宮城県と言った遠隔地の現場から移動してくる社員もいます。その交通費やガソリン代、そして何より移動時間が無駄だと思っていました。さらに、30人程が一斉に現場を離れざるを得ない状態も問題だったのです」

そこで同社では物理的に集まらずにコミュニケーションが図れる遠隔会議ソリューションについていくつかの製品を比較し、検討を進めた。総合的な評価が高く選ばれたのがエイネットのFreshVoice ASPだった。製品選定の決め手について小野氏はこう話す。
「新型コロナウィルスの影響もあり、Web会議システムの導入を急いでいました。6社程の商品を候補にして、使い勝手や価格を検討しました。無料の製品もあったのですが、セキュリティに不安があり不採用としました。その中で、エイネット社のFreshVoiceは機能・コスト・セキュリティの面でバランスが良く、採用を決定しました。エイネットの担当者が実際に来社してくれ、デモを見せて頂いたのも大きかったです。他社ではデモを見られなかったので。また導入前後の相談・問い合わせに対する対応も早かったですね」

月に一度の定例会議をオンライン会議に置き換える

同社でのFreshVoiceの活用法を見てみよう。現在は月に一度の定例会議を、遠隔地である他県の現場事務所ともFreshVoiceを通して行っている。お互いに顔を逢わせる貴重な機会であり、画面越しとはいえ、会社全体で繋がっている一体感があるという。無料のWeb会議では、一対一のやり取りがメインになりがちだが、FreshVoiceは複数拠点からの同時接続が可能で、全社員が一同に集まって会議ができるメリットも大きい。

導入の効果はどうだったか?小野氏は次のように評価する。
「遠方から戻ってくる社員は、以前は会議のために前泊することもありました。それが、ネット接続のWeb会議システムであるFreshVoiceに置き換えることによって、交通費やガソリン代、移動のための時間を大幅に削減できました。本社から車で約30分の距離の現場もあるのですが、そういう所とも気軽にオンラインで打合せができるのが便利ですね。以前、台風災害で、本社周辺が陸の孤島になってしまったことがあるのですが、そのような災害時にも今後はFreshVoiceが役に立つのではと期待しています」

また提案から導入までのエイネットのサポートについては「FreshVoiceのために使うパソコン周辺機器の設定も全てやってもらいとても助かりました」と話す。

勤怠管理システムとしてもFreshVoiceを活用したい

「基本的に建設業は忙しいので、無駄なことは徹底的に省きたい。生産性の向上に繋がるツールとして、FreshVoiceを採用しました」

取締役管理部長 柿﨑 赳

今後同社ではFreshVoiceを社員の勤怠管理システムとして活用できるのではないかと考えている。
柿﨑氏は「弊社の業態上、朝が早いので、なるべく残業をして欲しくないのですが、なかなか解消ができていません。そこで、タブレット端末でFreshVoiceを立ち上げて常時接続し、長時間労働になっている社員がいないかを見守り、勤務管理にも役立てられればいいなと思っています。また、弊社では新卒採用にも力を入れており、SNSなど様々な情報発信で事業の魅力や社会への貢献を伝えています。その1つとして、Web会議システムという業界の中でも先進的なICT利活用は、学生に対するアピールにもつながっているのではないでしょうか」と語ってくれた。

新庄砕石工業所では建設業の魅力を学生にも積極的にアピール。毎年新卒採用を続けている。

ユーザー紹介

株式会社新庄砕石工業所 様

山形県に拠点を置く株式会社新庄砕石工業所は、土木建設作業を中心に事業を行っている。建設業は多重下請け構造が一般的な中で、直営作業を心がけて、高い収益率を達成。ICT活用や新卒採用にも注力。インスタグラムやYouTubeといったSNSを活用した情報発信にも力を入れている。工事に関する各表彰も多く獲得している。

https://www.shinjo-saiseki.com/

Campaign

キャンペーン

CAMPAIGN1

いま、資料請求
頂いた方限定で、
「成功するWeb会議ノウハウ集小冊子」
を無料でプレゼント

CAMPAIGN2

ものすごい!
WEB会議乗り換えキャンペーン開催しています!

「まだ残存期間が3か月ある・・・」そのような場合もご安心ください。
今まで使っていたWeb会議の残期間分と同じ期間(最大3か月)を無料に割引致します!
オンプレミスの保守期間・ASPの契約期間が対象です。

お問い合わせは
フリーダイヤルからどうぞ!

0120-275-319
月~金曜
9:00~17:30

ホームページではお見せできない事例も
まだまだたくさんあります。

無料トライアル、
資料請求は下記からどうぞ!

FreshVoiceの価格表はこちら

閉じるアイコン
徹底比較!SkypeとFresh Voiceの違い